現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


当科における進行胃癌に対するS-1+Weekly Low-Dose CDDPによる術前化学療法の検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10837_13
著者:
磯辺 太郎、橋本 宏介、木﨑 潤也、宮城 委史、青柳慶史朗、孝冨士喜久生、白水 和雄
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
2.04MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Neoadjuvant Chemotherapy with Combined S-1 plus Weekly Low-Dose Cisplatin Followed by Surgical Resection for Advanced Gastric Cancer

Summary
 We retrospectively examined patients with advanced gastric cancer who underwent gastrectomy following neoadjuvant chemotherapy(NAC)with S-1 plus weekly low-dose cisplatin(CDDP). Between 2007 and 2009, 27 patients with advanced gastric cancer not amenable to curative surgery were enrolled. One course of NAC comprised S-1(80 mg/m2/day)for 21 consecutive days and CDDP(20 mg/m2)on days 1, 8, and 15; this was followed by a 2-week rest after the end of S-1 administration. Grade 3 side effects were observed in 5 patients: 3 experienced neutropenia and 2 experienced digestive symptoms. The outpatient completion rate was 81.5%(22/27); there was no incidence of renal dysfunction. During pre-therapy diagnosis, depth of invasion was classified as T4 in all cases. Postoperative pathologic results showed that the depth of invasion was T3 or lower in 4 patients. In addition, the number of patients with N0 and M0 classification increased and downstaging was observed in 12 patients(44.4%). A comprehensive assessment revealed that a partial response(PR)was observed in 13 patients and stable disease(SD)was observed in 12 patients, resulting in a response rate of 48.1%. The median survival time was 580 days, and the 1-year survival rate was 72%. NAC with S-1 plus weekly low-dose CDDP can also be administered on an outpatient basis, and it is a potential regimen for the treatment of advanced gastric cancer associated with a poor prognosis.

要旨
 S-1+weekly low-dose CDDPによる術前化学療法後に切除術を施行した高度進行胃癌症例をretrospectiveに検討した。2007~2009年に術前診断にて非根治切除あるいは切除不能となり得る因子をもつ進行胃癌症例27例を対象とした。術前化学療法はS-1 80 mg/m2/dayの21日間連続投与と開始1,8,15日目のCDDP 20 mg/m2投与,S-1投与終了後2週間の休薬期間を設け1コースとし,原則外来通院での3コースを施行した。5例にGrade 3の副作用(好中球減少3例,消化器症状2例)を認め外来治療完遂率は81.5%(22/27)であったが,腎機能障害の出現はなく外来化学療法として比較的安全に施行された。治療前診断では全例で深達度T4であったが,術後病理結果では4例がT3以下であった。またN0症例・M0症例も増加し,down stagingを12例(44.4%)で認め,治癒切除率は66.6%(18/27)であった。総合評価ではpartial responses(PR)13例,stable diseases(SD)12例で奏効率は48.1%であった。生存期間中央値は580日,1年生存率は72%であった。S-1+weekly low-dose CDDPによる術前化学療法は外来通院においても可能なレジメンであり,予後不良な進行胃癌に対して有望な治療法であると考えられる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻10号 2013年10月号トップへ

【原著】

▶当科における進行胃癌に対するS-1+Weekly Low-Dose CDDPによる術前化学療法の検討…磯辺 太郎ほか

このページの先頭へ