現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


切除不能進行再発大腸がんにおけるBevacizumab併用療法の治療継続性に関する検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10839_13
著者:
曽我 祐子 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.89MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Continuation of Chemotherapy with Bevacizumab for Advanced and Recurrent Colorectal Cancer

Summary
 We evaluated the association between the number of treatment courses with the concomitant use of bevacizumab(BV)and the reasons for discontinuation of the regimen in patients who received FOLFOX with or without BV as first-line chemotherapy and FOLFIRI with or without BV as second-line chemotherapy for advanced and recurrent colorectal cancer. In first-line treatment, 12(2-46)and 10(2-60)treatment courses were administered with and without BV, respectively, and this difference was not significant(p=0.60). In second-line treatment after first-line treatment with the concomitant use of BV, 11(1-23)and 3(1-12)treatment courses were administered with and without BV, respectively, and this difference was significant(p<0.01). Discontinuation due to adverse reactions was more frequent for first-line treatment(34.9%)than for second-line treatment(6.2%; p<0.01). The reasons for discontinuation due to adverse reactions during first-line treatment with BV were often associated with BV, and those during first-line treatment without BV were most often associated with peripheral neuropathy. Therefore, we conclude that early detection and prevention of adverse reactions are important in first-line treatment and that pharmacists as well should be involved in the monitoring and management of adverse reactions, although continued administration of BV even during second-line treatment after first-line treatment with BV is recommended.

要旨
 切除不能進行再発大腸がん化学療法のfirst-lineにFOLFOX±bevacizumab(BV)療法,second-lineにFOLFIRI±BV療法を施行した患者において,BV併用によるレジメンの施行コース数と中止事由の関係について検討した。first-lineにおいてBVを併用した場合[BV(+)]と併用しなかった場合[BV(-)]のコース数は,それぞれ12(2~46)コースと10(2~60)コースであり両者間に差は認められなかった(p=0.60)。first-lineにBVを併用しsecond-lineへ移行した場合,BV(+)は11(1~23)コース,BV(-)の場合は3(1~12)コースであり,両者間に有意差が認められた(p<0.01)。有害事象による中止は,second-line(6.2%)に比べてfirst-line(34.9%)にて多かった(p<0.01)。first-lineでの有害事象による中止事由は,BV(+)はBV関連の事象が多く,BV(-)は末梢神経障害によるものが大半であった。結論として,first-lineからsecond-lineに移行した場合でもBVの継続が推奨されるが,first-lineでは有害事象の早期発見と対策が大切であり,薬剤師も有害事象のモニタリングとマネジメントに積極的にかかわっていくことが重要であると考える。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻10号 2013年10月号トップへ

【原著】

▶切除不能進行再発大腸がんにおけるBevacizumab併用療法の治療継続性に関する検討…曽我 祐子ほか

このページの先頭へ