現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


進行再発乳癌患者に対するGemcitabine療法の経験

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10840_13
著者:
渡邉 元嗣、原 文堅、清藤佐知子、高橋 三奈、高畠 大典、高嶋 成輝、青儀健二郎、大住 省三
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.95MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Clinical Experience with Gemcitabine Treatment for Metastatic Breast Cancer

Summary
 It is difficult to cure recurrent or metastatic breast cancer(MBC). Therefore, it is important to continue treatment for MBC with maintenance of quality of life(QOL). Gemcitabine has been approved for MBC since February 2010. We administered gemcitabine to 39 patients with MBC between February 1, 2010 and March 31, 2012. Depending on the case, taxane or trastuzumab was added. Almost all patients had received prior chemotherapy or hormonal therapy. The median age of patients was 61 years(range, 33-82 years), and the median number of previous treatment regimens was 3(range, 0-6). The response rate was 15.4%, the disease control rate was 56.4%, and the clinical benefit rate was 33.3%. The main hematological adverse event was neutropenia, and the main non-hematological adverse event was fatigue. Neutropenia could be managed by reducing the gemcitabine dose or withdrawing treatment. Adverse events requiring hospitalization were not observed. These findings suggest that gemcitabine-based regimens are feasible in terms of efficacy and maintenance of QOL for patients with MBC.

要旨
 転移・再発乳癌において治癒は困難であり,可能な限りquality of life(QOL)を維持した加療が行われることが重要である。gemcitabineは,2010年2月より手術不能または再発乳癌に対して使用可能となった。われわれの施設では,2010年2月~2012年3月までに39例の手術不能・再発乳癌患者に対し,症例に応じてgemcitabine単剤もしくはtaxaneもしくはtrastuzumabとの併用療法を行った。ほとんどの症例で化学療法またはホルモン療法の既治療があった。投与時の患者の年齢中央値は61(33~82)歳で,既治療の化学療法のレジメン数の中央値は3(0~6)であった。全体の奏効割合は15.4%で,病勢制御割合は56.4%,臨床的有効割合が33.3%であった。主な血液毒性は好中球減少で,非血液毒性は疲労であった。好中球減少に対しては投与量の減量や投与期間の延長で対応可能であった。入院を要するような有害事象は認めなかった。転移・再発乳癌に対するgemcitabineによる治療は,QOLの維持をしつつ治療を行うことが可能であると思われる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻10号 2013年10月号トップへ

【原著】

▶進行再発乳癌患者に対するGemcitabine療法の経験…渡邉 元嗣ほか

このページの先頭へ