現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


薬剤耐性HIV感染症患者に生じた非エイズ関連肺腺癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10843_13
著者:
森 尚義、前田 光、藤原研太郎、谷口 晴記
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.96MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Non-Acquired Immunodeficiency Syndrome-Defining Lung Adenocarcinoma in a Multidrug-Resistant Human Immunodeficiency Virus-Positive Patient

Summary
 We report a case of non-acquired immunodeficiency syndrome-defining lung adenocarcinoma in a multidrug-resistant human immunodeficiency virus(HIV)-positive patient. The patient was a 47-year-old Japanese woman who received salvage combination anti-retroviral therapy with darunavir plus ritonavir plus raltegravir plus tenofovir/emtricitabine in May 2009. She was diagnosed with lung adenocarcinoma(T3N3M1, stage Ⅳ)in November 2010 and was not found to possess any activating mutations in the epidermal growth factor receptor gene. Therefore, 6 courses of carboplatin plus pemetrexed and 3 courses of gemcitabine followed by erlotinib were administrated, and therapy was changed to home medical care. The only drug-related adverse event was grade 1 neutropenia, and drug interaction between the simultaneously administered anti-retroviral and chemotherapeutic agents was not confirmed. The patient battled lung adenocarcinoma for 1 year after the diagnosis and died of cancer progression in October 2011. Her performance status was stable and the CD4(+)lymphocyte count and HIV load were well controlled throughout the course of treatment. In conclusion, the agents used for this patient show high tolerability and can be used as an effective treatment strategy for lung cancer occurring in HIV-positive patients.

要旨
 症例は47歳,日本人女性。薬剤耐性HIVに対してsalvageのCARTを施行中の2010年11月に原発性肺腺癌(cT3N3M1,stage Ⅳ)を発症。EGFR遺伝子変異は陰性であり,first-lineとしてcarboplatin+pemetrexed併用療法を開始し,6コース実施。second-lineとしてgemcitabine単独療法を3コース実施。third-lineとしてerlotinibの維持療法を実施し,在宅医療へ移行。原発性肺腺癌発症後1年となる2011年10月に永眠された。化学療法に伴う有害事象はgrade 1の好中球減少を除いて確認されず,肺癌治療中のHIV-RNA量は十分に抑制されており,PSも保たれていた。結論として,darunavir+ritonavir+raltegravir+tenofovir/emtricitabineによるCARTは忍容性が高く,肺癌化学療法に影響を及ぼさなかったことから,肺癌合併HIV感染症患者の治療戦略として有効な選択肢となり得るものと考える。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻10号 2013年10月号トップへ

【症例】

▶薬剤耐性HIV感染症患者に生じた非エイズ関連肺腺癌の1例…森  尚 義ほか

このページの先頭へ