現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


S-1+Trastuzumab併用療法が著効した再発乳癌肝転移の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10844_13
著者:
石田 数逸
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
2.39MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Recurrent Breast Cancer with Liver Metastases Showing Good Response to Combination Therapy with S-1 plus Trastuzumab

Summary
 Here, we report the case of a patient with recurrent breast cancer and multiple liver metastases who showed complete remission(CR)after S-1 plus trastuzumab therapy. A 54-year-old woman with stage ⅢA left breast cancer received 4 courses of epirubicin hydrochloride plus cyclophosphamide hydrate therapy and 4 courses of paclitaxel therapy as initial treatment after mastectomy. At 10 months after surgery, the carcinoembryonic antigen(CEA)level increased to 79.0 ng/mL, and multiple liver metastases were detected on close examination. Subsequently, the patient received S-1 plus trastuzumab combination therapy. The CEA level returned to normal after 2 courses of the combination therapy, and the liver metastases disappeared after 5 courses of therapy. CR has been maintained for 1 year and 3 months after the initiation of treatment. Because the present treatment has superior tolerability and safety, it is considered an effective option for treating recurrent breast cancer.

要旨
 多発性肝転移を有する再発乳癌に対してS-1+trastuzumab併用療法を行い,完全奏効(CR)を得た症例を経験した。症例は54歳,女性。Stage ⅢAの左乳癌で初期治療として,乳房切除後にepirubicin hydrochloride+cyclophosphamide hydrate(EC)療法4コースとpaclitaxel(T)療法4コースを施行した。術後10か月にCEA値が79.0 ng/mLと上昇し,精査にて多発性肝転移を認めた。S-1+trastuzumab併用療法を行ったところ,2コース後にCEA値は正常となり,5コース後に肝転移巣も消失し,治療開始1年3か月後の現在もCRの状態が続いている。本療法は忍容性・安全性にも優れており,再発乳癌の治療に際し有効な選択肢の一つと考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻10号 2013年10月号トップへ

【症例】

▶S-1+Trastuzumab併用療法が著効した再発乳癌肝転移の1例…石田 数逸

このページの先頭へ