現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


血液透析患者の再発大腸癌に対して三次治療まで化学療法を施行した1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10847_13
著者:
松田 真輝、脊山 泰治、稲田健太郎、宮田 陽一、志田 大、真栄城 剛、宮本 幸雄、梅北 信孝
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.20MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Third-Line Therapy in a Patient with Recurrent Colon Cancer Undergoing Hemodialysis

Summary
 A 68-year-old man undergoing hemodialysis(HD)was diagnosed with recurrence of colon cancer and liver metastasis. He was treated with oxaliplatin, folinic acid and 5-fluorouracil(FOLFOX4), folinic acid, 5-fluorouracil and irinotecan(FOLFIRI), FOLFIRI+bevacizumab(BV), and cetuximab+irinotecan(CPT-11)as third-line therapy. Each drug was adequately reduced over time, but cetuximab was administered at the standard dose. The patient died of methicillin-resistant Staphylococcus aureus(MRSA)meningitis during the course of cetuximab+CPT-11 therapy, but there was no relation between the meningitis and the therapy. Therefore, each regimen can be safely performed, and cetuximab+CPT-11 therapy showed a significant anti-tumor effect and hence may be an effective regimen.

要旨
 症例は血液透析を導入している68歳,男性。S状結腸癌,肝転移切除後再発に対して化学療法を導入した。FOLFOX4,FOLFIRI,FOLFIRI+BV,cetuximab+CPT-11と三次治療まで行った。各種薬剤は適宜減量し,cetuximabは通常量で投与した。cetuximab+CPT-11投与期間中にMRSA髄膜炎で死亡したが,因果関係は認めなかった。いずれのレジメンも投与可能であったが,特にcetuximab+CPT-11療法は著明な抗腫瘍効果を認め,今後有力な選択肢になると考えられる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻10号 2013年10月号トップへ

【症例】

▶血液透析患者の再発大腸癌に対して三次治療まで化学療法を施行した1例…松田 真輝ほか

このページの先頭へ