現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Bevacizumab高用量の再投与にて長期生存を得た結腸癌大動脈周囲リンパ節転移の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10848_13
著者:
海老澤良昭、千里 直之、岡山 大志、谷 誓良、河野 透、谷口 雅彦、古川 博之
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.29MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Long-Term Survival of a Patient with Advanced Colon Cancer and Para-Aortic Lymph Node Metastases Treated with Re-Administration of High-Dose Molecular Targeted Agent Bevacizumab

Summary
 A 49-year-old woman was admitted to our hospital because of epigastralgia and abdominal distension. She was diagnosed as advanced colon cancer with para-aortic and common iliac lymph node metastases, without liver and lung metastasis. Extended right hemicolectomy was performed to remove symptoms of stenosis. Bevacizumab(BV)(5 mg/kg)+mFOLFOX6 was performed as the initial postoperative chemotherapy. The tumor marker CEA, CA19-9 decreased, and reduction in the size of distant lymph node metastasis was confirmed, which obtained PR. In July 2009, computed tomography revealed the right pulmonary hilar lymph node metastases and progressive disease was confirmed; therefore, cetuximab and FOLFIRI combination therapy was initiated. However, in October 2009, bilateral inguinal lymph node metastases was seen; therefore we changed chemotherapy to BV(10 mg/kg)and FOLFIRI. Although the abdominal lymph node was decreased slightly after 2 months, chemotherapy was changed to BV(10 mg/kg)and mFOLFOX6 since the inguinal lymph node had enlarged. Skin metastases appeared, and there was no change in the inguinal lymph node and abdominal lymph node. She was deceased due to peritonitis carcinomatosis; however, her survival time exceeded 30 months. There was a possibility that long-term survival could be obtained by increasing the quantity of BV and re-administering it in second-line chemotherapy after PD in BV+FOLFOX first-line chemotherapy.

要旨
 症例は49歳,女性。上腹部不快感,腹満を主訴に当科を受診し,上行-横行結腸癌,大動脈周囲リンパ節~総腸骨リンパ節転移の診断がなされた。肝・肺転移なし。狭窄症状を認めたため,2007年10月下旬に拡大右半結腸切除術を施行。術後約1か月後に全身化学療法の一次治療としてベバシズマブ(bevacizumab: BV 5 mg/kg)+mFOLFOX6を開始。腫瘍マーカーは減少,遠隔リンパ節転移も縮小しPRを得た。2009年7月に右肺門部リンパ節転移が出現しPDとなり,cetuximab+FOLFIRIに変更するも,3か月後に両側鼠径リンパ節転移出現を認めBV(10 mg/kg)+FOLFIRIに変更。2か月半後に腹部リンパ節はわずかに縮小したが,鼠径リンパ節が増大したためBVを10 mg/kgに増量したBV+mFOLFOX6に変更した。その2か月後に皮膚転移が出現するも,鼠径リンパ節,腹部リンパ節には変化を認めなかった。その後,癌性腹膜炎などを生じ死亡したが,30か月を超える生存期間が得られた。一次治療でPDとなったBV+FOLFOX療法でも,二次治療以降でBVを増量し再投与することで,長期生存が得られる可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻10号 2013年10月号トップへ

【症例】

▶Bevacizumab高用量の再投与にて長期生存を得た結腸癌大動脈周囲リンパ節転移の1例…海老澤良昭ほか

このページの先頭へ