現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


PAX8免疫染色が乳癌との鑑別に有用でありTC療法が著効した子宮頸部低分化型腺癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10851_13
著者:
前中 隆秀、岩田 典子、髙田 友美、福田 弥生、塚原稚香子、柏原 宏美、久本 浩司、國重 一郎、西尾
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
3.52MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Poorly Differentiated Adenocarcinoma of the Uterine Cervix Treated with Paclitaxel and Carboplatin after Positive PAX 8 Immunostaining

Summary
 PAX 8 is a paired-box gene that plays an important role in the embryogenesis of the thyroid gland, Müllerian ducts, and renal/upper urinary tract. PAX 8 expression is observed in carcinomas from each of these sites. Accordingly, PAX 8 immunostaining has been reported to be useful for the diagnosis of these carcinomas. Here, we report a case in which PAX 8 was useful for the diagnosis of a patient with cervical adenocarcinoma and multiple metastases. A 55-year-old female patient complained of cough and genital bleeding. Examination revealed a uterine cervical mass, masses in both breasts, and enlargement of the lymph nodes and subcutaneous nodules. Histology of the uterine cervical mass biopsy revealed a poorly differentiated adenocarcinoma. Cytology of the aspiration biopsy specimens of the breast masses indicated scirrhous cancer. PAX 8 immunostaining of the uterine cervical mass and breast mass biopsies was positive. We determined that the breast masses were metastases of the cervical adenocarcinoma and decided to treat the patient with chemotherapy consisting of paclitaxel and carboplatin. A partial response was observed. A hysterectomy was performed 5 months after chemotherapy because corpus cancer was newly diagnosed. The cervical adenocarcinoma was undetectable in the surgical specimen. Fifteen months have passed since the completion of chemotherapy and the metastases has been under control.

要旨
 PAX8は腎臓,甲状腺,ミュラー管由来の臓器の発生段階で不可欠な遺伝子翻訳因子である。また,それらの臓器に発生する腫瘍にも発現することが知られており,組織診断において,その有用性が期待されている。今回,われわれは重複癌との鑑別にPAX8の免疫染色が有用であった子宮頸部腺癌の1例を経験したので報告する。症例は55歳,女性。咳嗽および不正出血の訴えがあり,CT,MRI,PET-CTで両側乳腺腫瘤,全身リンパ節腫大,多発する皮下結節,子宮頸部腫瘤を認めた。子宮頸部腫瘤の生検で低分化型腺癌と診断された。乳腺腫瘤の穿刺吸引細胞診で硬癌が考えられたため,重複癌もしくは子宮頸部腺癌の転移を診断するために,子宮頸部腫瘤および乳腺腫瘤についてPAX8の免疫染色を行った。両者ともにPAX8陽性であったため,子宮頸部腺癌の転移と診断した。TC療法を行い,partial responseを得た。5か月後に子宮体部腫瘤を認め手術を施行したが,子宮頸部腺癌は消失しており,新たに発生した子宮体部類内膜腺癌と診断された。TC療法終了後15か月経過したが,再発を認めず転移巣も増大なく経過している。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻10号 2013年10月号トップへ

【症例】

▶PAX8免疫染色が乳癌との鑑別に有用でありTC療法が著効した子宮頸部低分化型腺癌の1例…前中 隆秀ほか

このページの先頭へ