現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


新しい癌治療標的としてのエピジェネティクス

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10857_13
著者:
牛島 俊和、竹島 秀幸
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
7ペ-ジ
ファイル容量:
3.74MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Epigenetics as a Novel Therapeutic Target of Cancer

Summary
 Epigenetic therapy is highly anticipated as a next player to molecular target drugs. Epigenetic abnormalities are maintained even after a somatic cell division, and can be causally involved in carcinogenesis. Recent cancer genome analysis revealed that a significant fraction of cancers cannot be accounted for only by mutations of known protein-coding genes, and that mutations of epigenetic genes are unexpectedly frequent. DNA demethylating drugs and histone deacetylase inhibitors are already approved, and many next-generation epigenetic drugs are under development. Application of epigenetic therapies to solid tumors is being attempted, and a promising result is available for non-small cell lung cancers. Right patients, right doses, and right combinations are key to further success, and can be done based on recent progresses in mechanistic analyses.

要旨
 エピジェネティック治療は,分子標的薬の次の治療法として期待される。エピジェネティック異常は体細胞分裂に際して保存され,発癌の原因になり得る。また,最近の大規模シークエンス解析の結果,既知遺伝子の突然変異のみでは発癌機構が説明できない癌が多数あり,エピジェネティック関連遺伝子の突然変異も高頻度に存在することが明らかになった。すでに,DNA脱メチル化剤・ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤が骨髄異形成症候群・リンパ腫に対して実用化されており,その他の薬剤も多数臨床開発中である。固形腫瘍への応用も試みられており,非小細胞肺癌では有望な結果も報告されている。今後は作用機序に基づいた,症例の選択,投与量の決定,併用薬剤の選択などが重要と思われる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻11号 2013年11月号トップへ

【総説】

▶新しい癌治療標的としてのエピジェネティクス 牛島俊和ほか

このページの先頭へ