現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


環境発がんとその予防:リスク評価と管理

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10858_13
著者:
津金昌一郎
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
3.64MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Environmental Carcinogenic Agents and Cancer Prevention: Risk Assessment and Management

Summary
 Many agents in our environment have been established as being carcinogenic, and in most cases, the carcinogenic properties of these agents were identified because of high-dose occupational or accidental exposure. Risk characterization, taking into account the dose-response relationship, and exposure assessment are essential for risk assessment and subsequent cancer prevention. Based on scientific risk assessment, risk management should be conducted practically by considering the economic, social, political, and other technical issues and by balancing the risks and benefits.
 Asbestos and environmental tobacco smoke are typical examples of established carcinogenic agents in the general environment, contributing to low-dose exposure. Further epidemiological studies are required to investigate the carcinogenicity of low-dose exposure to known carcinogenic agents such as arsenic and cadmium through dietary intake, radiation via medical and natural exposure, and air pollution due to diesel exhaust. In contrast, occupational chemical exposure to 1,2-dichloropropane and/or dichloromethane, whose carcinogenicity had not been established, was suggested to cause cholangiocarcinoma among workers involved in offset color proof-printing only after a rare situation of high-dose exposure was unveiled.
 Continuous monitoring of unusual cancer occurrences in target populations such as workers in occupational and regional settings as well as exposure reduction to suspected carcinogenic agents to levels as low as reasonably achievable is essential for reducing the risk of cancer due to environmental carcinogens.

要旨
 職業や事故などの高用量曝露により明らかになった発がん因子は多数あり,多くは低用量ながら一般環境にも存在する。そのような発がんハザードがリスクになるか否かについては,用量反応関係と当該集団の曝露レベルを照らし合わせる科学的なリスク評価が,がん予防のためには必要である。そして,社会的,経済的,政治的,その他技術的要素を加味して,さらに規制などによる利益と不利益のバランスを考慮して,現実的なリスク管理が求められる。
 アスベストと環境たばこ煙については,低用量レベルでも発がんリスクであることが明らかになっている因子の例である。食品・飲料からのヒ素・カドミウム,医療や自然環境などからの放射線,大気中のディーゼル排ガスなどは,低用量レベルでのさらなるエビデンスが求められる。一方で,校正印刷業務作業者の胆管がんにおいて原因化学物質として示唆されている1,2-ジクロロプロパンやジクロロメタンのように,高用量曝露の事例が顕在化していなかったために,ヒトの発がん性が未知であったような因子も想定される。
 環境発がんの予防のためには,職域や地域におけるがんの通常でない発生をがん登録により継続的にモニタリングするとともに,予防原則としてハザードの疑いがある因子は,可能なかぎり曝露を抑えることによる対応が望まれる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻11号 2013年11月号トップへ

【特集】環境による発ガン

▶環境発がんとその予防:リスク評価と管理 津金昌一郎

このページの先頭へ