現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


放射線による発癌

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10860_13
著者:
細井 義夫
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
3.66MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Radiation Carcinogenesis

Summary
 Misrepair of DNA damage induced by ionizing radiation is a potential cause of carcinogenesis following exposure to radiation. Radiation exposure increases the incidence of the same types of mutations that occur spontaneously in a given population. A high incidence of DNA double-strand breaks is characteristic of damage by ionizing radiation compared with those induced by other environmental mutagens. In China, residents living in areas with high level background radiation(6 mSv/y)had a significantly higher frequency of dicentric and ring chromosomes compared to that for the residents living in the control areas(2 mSv/y). Radiation-associated increases in risk were seen for most sites. Gender-averaged excess absolute risk rates estimated at age 70, after exposure at age 30, differ in the sites, and the risks of gastric cancer, breast cancer, colon cancer, and lung cancer were highly increased, in that order. Latent periods for the development of leukemia and thyroid cancer after radiation exposure at ages younger than 18 were shorter compared to those for other solid cancers.

要旨
 放射線による発癌は,放射線によるDNA損傷とその不完全な修復による突然変異による。放射線に特有なDNA損傷はないが,DNA二重鎖切断が相対的に高頻度に起こる点が特徴である。中国の高自然放射線地域での疫学調査の結果では,4 mSv/年程度の放射線被曝により末梢血リンパ球の染色体異常頻度が有意に上昇することが明らかになっている。放射線被曝による発癌リスクは臓器・組織により異なり,発癌の潜伏期間に関しても白血病や若年被曝による甲状腺癌と他の固形癌とでは大きく異なる。全身均等被曝した場合に最も発癌の絶対リスクが高いのは白血病ではなく,胃癌,乳癌,結腸癌,肺癌の順であることに注意が必要である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻11号 2013年11月号トップへ

【特集】環境による発ガン

▶放射線による発癌 細井義夫

このページの先頭へ