現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


新たな職業癌:印刷労働者にみられた胆管癌

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10861_13
著者:
久保 正二、竹村 茂一、坂田 親治、浦田 順久、田中 肖吾、中沼 安二、圓藤 吟史
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
3.57MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Cholangiocarcinoma Developing in Printing Company Workers: A New Type of Occupational Cancer

Summary
 The incidence of cholangiocarcinoma among the past or present workers in the department of offset color proof-printing at a printing company in Osaka was extremely high. The workers were relatively young and were exposed to several chemicals including organic solvents such as dichloromethane and 1,2-dichloropropane. Although the exact cause of cholangiocarcinoma in the patients remain unknown, it is likely that the development of cholangiocarcinoma was triggered during exposure to these chemicals. Some chemicals can act as environmental factors that lead to the development of cholangiocarcinoma. Therefore, we believe that cholangiocarcinoma is a new type of occupational cancer.

要旨
 2012年5月,印刷事業場で比較的若年の元あるいは現従業員に胆管癌が高率に発生している事例が報告された。これらの従業員は当事業場のオフセット校正印刷部門に勤務しており,有機溶剤を含む多くの化学物質に曝露されていた。なかでもジクロロメタンや1,2-ジクロロプロパンなどの化学物質に高濃度に曝露されていたことが推定されている。原因物質の特定は困難な状況ではあるものの,化学物質が原因と推測される胆管癌であり,環境因子による新たな職業癌と考えられる。本件は胆管癌発癌の要因やメカニズムを検討する際に,種々の化学物質などの環境因子を考慮する必要があることを示している。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻11号 2013年11月号トップへ

【特集】環境による発ガン

▶新たな職業癌:印刷労働者にみられた胆管癌 久保正二ほか

このページの先頭へ