現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


腎細胞癌骨転移病変に対する放射線療法とビスフォスフォネート製剤併用療法

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10867_13
著者:
奥田 洋史、杉浦 英志、山田 健志、林 宣男、曽我倫久人、小倉 友二
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
3.69MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Effect of Radiotherapy and Bisphosphonate on Bone Metastases from Renal Cell Carcinoma

Summary
 Background: Bone metastases from renal cell carcinoma(RCC)are almost osteolytic and often cause pathological fractures. The objective of this study was to assess the efficacy of radiotherapy and zoledronic acid in patients with bone metastases from RCC. Methods: We retrospectively analyzed 12 patients with bone metastases from RCC. Of these patients, 5 were treated with radiotherapy(RT group)and 7 were treated with a combination of radiotherapy and zoledronic acid(RT+Z group). We analyzed the radiological changes in the bone metastases and evaluated the response rate, survival rate, and skeletal-related event(SRE)rate. Results: Radiologically, 2 patients showed progressive disease(PD), 3 showed stable disease(SD), 1 showed partial response(PR), and 1 showed complete response(CR)in the RT group(response rate: 28.6%). In the RT+Z group, 1 patient showed PD, 3 showed PR, and 1 showed CR(response rate: 80.0%). Conclusions: With regard to radiological changes, the response rate was higher in the RT group than in the RT+Z group, but the survival rate did not differ significantly between the 2 groups. SREs were less frequent in the RT+Z group than in the RT group.

要旨
 背景: 腎細胞癌の骨転移は溶骨性変化を来し,病的骨折が問題となる。当研究の目的は腎細胞癌の骨転移症例に対して,放射線療法とゾレドロン酸の併用療法の効果を検討することである。対象と方法: 腎細胞癌骨転移12例について後ろ向きに調査した。放射線単独療法を行ったのは7例(RT群),ゾレドロン酸との併用療法を行ったのは5例(RT+Z群)であり,各群における骨転移のX線学的評価による奏効率(PR,CR/全例),生存期間,骨関連事象(skeletal related events: SRE)の発現率について検討を行った。結果: X線評価は,RT群がPD 2例,SD 3例,PR 1例,CR 1例で奏効率は28.6%であり,RT+Z群がPD 1例,PR 3例,CR 1例で奏効率は80%であった。初診時からの平均生存期間はRT群が46.1(5~164)か月,RT+Z群が48.8(14~108)か月で有意差はなかったが,骨関連事象はRT+Z群で少ない傾向があった。結論: ゾレドロン酸との併用により生存期間の延長にはつながらなかったが,転移骨のX線学的評価による奏効率やSRE発現率は放射線療法単独よりも有効であった。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻11号 2013年11月号トップへ

【原著】

▶腎細胞癌骨転移病変に対する放射線療法とビスフォスフォネート製剤併用療法 奥田洋史ほか

このページの先頭へ