現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


経口摂取が困難な切除不能胃癌に対するS-1投与の検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10868_13
著者:
篠原 徹雄、橋本 竜哉、内藤 雅康、松本 久伸、倉持 均、中川 元道、石井 文規、山下 裕一
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
3.48MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Unresectable Gastric Cancer with Poor Ingestion

Summary
 We encountered cases of unresectable gastric cancer in which patients had difficulty with ingestion because of pyloric stenosis and diffuse invasion. We examined the improvement in the quality of life(QOL)of patients and the effect and usefulness of S-1 treatment in such cases. The median survival time(MST; 310 days)of patients who received S-1 as primary treatment was significantly longer than that(105 days)of patients who did not receive S-1 treatment(p=0.0001). Of the 25 patients who underwent gastrojejunostomy, S-1 was administered to 10 patients(MST: 384 days). The MST of patients who received drugs other than S-1 was 121 days. Thus, the MST of patients who did receive S-1 was significantly longer than that of patients who did not receive S-1. In univariate analysis, oral ingestion, performance status(PS), best supportive care(BSC), and S-1 administration were prognostic factors. Of these factors, oral ingestion(p=0.0278, hazard ratio[HR]: 2.992)and S-1 administration(p=0.0002, HR: 14.956)were prognostic factors in multivariate analysis. Gastrojejunostomy is desirable for the treatment of cases of unresectable gastric cancer with poor ingestion. In addition, the use of postoperative chemotherapy with S-1 alone or with S-1 as combination therapy may help improve prognosis.

要旨
 切除不能胃癌には幽門狭窄やびまん浸潤による経口摂取困難な症例がある。このような症例に対して患者のQOLの改善の有無とS-1を含めた治療効果・有用性を検討した。S-1投与例は13例で,S-1をキードラッグとして使用した症例(MST: 310日)は,S-1非使用例(MST: 105日)より有意にMSTの延長を認めた。また,胃空腸吻合術を施行した25例のうち,S-1投与例は10例(MST: 384日)で,S-1以外の化学療法例(MST: 121日)より有意にMSTの延長を認めた。単変量解析による予後因子は,術後経口摂取,PS,BSC,化学療法の有無,S-1投与の有無が予後に関与していた。これらの因子での多変量解析では,経口摂取とS-1が独立した生存期間規定因子であった。経口摂取不良を伴う切除不能胃癌に対する治療は,積極的に胃空腸吻合術を施行し経口摂取を可能とするとともに,術後にS-1単独またはS-1をベースとした化学療法の追加が予後を延長させる可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻11号 2013年11月号トップへ

【原著】

▶経口摂取が困難な切除不能胃癌に対するS-1投与の検討 篠原徹雄ほか

このページの先頭へ