現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


感染対策チームによるがん患者血液培養陽性例に対する感染症診療介入の効果

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10870_13
著者:
山田智之、鈴木薫、大井幸昌、川西史子、柴田有理子、細見誠、後藤愛実、西原雅美、勝間田敬弘、浮村聡
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
3.72MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Effectiveness of Intervention by the Infection Control Team for Cancer Patients with a Positive Blood Culture

Summary
 Cancer patients at a high risk of acquiring infectious diseases should be maintained in a facility where good infection control practices are followed. At our hospital, the infection control team(ICT)provides expertise, education, and support to the staff, helping them maintain proper standards, thereby minimizing the risks of infection. The ICT(established in 2004)has implemented infection control programs by employing an appropriate number of staff members after the revision of medical treatment fees in 2011. Our intervention program includes 2 general policies, namely, ordering and collection of blood cultures and intervention for the medical care of patients with positive blood cultures. In this study, we evaluated the effectiveness of our intervention for cancer patients with a positive blood culture. During the surveillance period(April 2011 to July 2012), 42 positive cases were determined to be infectious. ICT intervention was required in 37 cases. Our suggestions were accepted in 92%(34/37)of the cases, and improved outcome was estimated in 65%(22/34)of the cases. The results of our study contribute to the scientific bases on which routine clinical practices could be promoted in the future.

要旨
 がん患者は健常人と比べ感染症によるリスクが高く,そのコントロールは非常に重要である。大阪医科大学附属病院感染対策チーム(以下,ICT)は,診療報酬改定による感染防止対策加算の新設により,2011年度からICTのメンバーを充実させ,感染症診療の介入を実施している。ICTは感染症診療介入の一環として,血液培養提出の推進を掲げており,血液培養が陽性となった患者すべてに介入を行っている。今回,ICTによる感染症診療介入の効果を検討すべく,感染症のリスクが高いとされるがん患者のなかで,血液培養が陽性となった感染症例を対象に評価を行った。調査期間は2011年4月~2012年7月。期間中の介入対象患者は37例,そのうち34例(92%)にICTの推奨する治療内容が主治医に受け入れられた。また,受け入れられた34例中22例(65%)において感染症の改善が認められた。臨床現場において,がん患者の感染症コントロールは重要であり,感染リスクの高いがん患者に対するICTの寄与は大きいと考える。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻11号 2013年11月号トップへ

【原著】

▶感染対策チームによるがん患者血液培養陽性例に対する感染症診療介入の効果 山田智之ほか

このページの先頭へ