現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


プラチナ製剤+ペメトレキセド+ベバシズマブ療法が奏効した肺再発浸潤性粘液腺癌の2例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10873_13
著者:
狛 泰子 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
3.58MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Two Cases of Recurrent Invasive Mucinous Adenocarcinoma of the Lung Showing Marked Responses to Platinum-Based Chemotherapy Regimens with Pemetrexed and Bevacizumab

Summary
 Here, we report 2 cases of recurrent invasive mucinous adenocarcinoma of the lung after surgery, which showed marked responses to platinum-based regimens with pemetrexed(PEM)and bevacizumab(BEV). The first patient was diagnosed with stage ⅠB(p-T2N0M0)invasive mucinous adenocarcinoma, and new nodules were detected on computed tomography(CT)after 24 months of adjuvant chemotherapy with uracil/tegafur(UFT). Therefore, the patient was administered carboplatin(CBDCA; AUC 5.0), PEM(500 mg/m2), and BEV(15 mg/kg)for 6 courses followed by BEV(15 mg/kg)for 3 courses, resulting in a complete response. The second patient was diagnosed with stage Ⅳ(p-T3N0M1)invasive mucinous adenocarcinoma, and metastases appeared after the surgery. The patient was treated with S-1 for 18 weeks, but the tumor recurred 18 weeks after surgery. Therefore, the patient was administered 4 courses of cisplatin(CDDP 60 mg/m2), PEM(500 mg/m2), and BEV(15 mg/kg)followed by 5 courses of PEM(15 mg/kg)as maintenance therapy. This resulted in a good response. The first patient had grade 3 toxicities at the sixth course of combined CBDCA-PEM-BEV therapy, while the second patient did not have any adverse events throughout chemotherapy. These 2 cases showed that platinum-based regimens with PEM and BEV may be a good choice for patients with invasive mucinous adenocarcinoma of the lung.

要旨
 肺腺癌新国際分類(2011年,Journal of Thoracic Oncology)で定義された浸潤性粘液腺癌(従来の粘液産生性細気管支肺胞上皮癌)は治療抵抗性で,有効な治療法が確立されていないのが現状である。今回われわれは,プラチナ製剤+ペメトレキセド(PEM)+ベバシズマブ(BEV)併用療法が術後再発の浸潤性粘液腺癌に奏効した2症例を経験したので報告する。症例1はT2N0M0,ⅠB期の浸潤性粘液腺癌で,右下葉切除術を施行後,術後補助化学療法としてUFTを継続していた。術後2年目に対側肺に再発が出現し,カルボプラチン(CBDCA, AUC 5.0)+PEM(500 mg/m2)+BEV(15 mg/kg)6コース,維持療法としてBEV(15 mg/kg)3コースを行った結果,ほぼcomplete response(CR)に至った。症例2の術前診断はc-T3N0M0 ⅡB期,右下葉切除術施行後,対側肺に転移結節が出現しT3N0M1 Ⅳ期の浸潤性粘液腺癌と診断した。治療としてS-1 1コース,シスプラチン(CDDP)+S-1,S-1 4コースまで施行したところで,両肺に多発結節影や斑状影が出現した。そこでCDDP(60 mg/m2)+PEM(500 mg/m2)+BEV(15 mg/kg)4コース,PEM(15 mg/kg)5コースを行ったところ,PRを得た。本報告の結果は,プラチナ製剤+PEM+BEV併用療法が浸潤性粘液腺癌に対し,有効な治療法となり得る可能性を提示した。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻11号 2013年11月号トップへ

【症例】

▶プラチナ製剤+ペメトレキセド+ベバシズマブ療法が奏効した肺再発浸潤性粘液腺癌の2例 狛 泰子ほか

このページの先頭へ