現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


ゲムシタビンにより腫瘍崩壊症候群(Tumor Lysis Syndrome)を来したが透析を行うことなく救命し得た再発乳癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10874_13
著者:
川口(牛尾) 文、服部 正也、河野 範男、海瀬 博史、岩田 広治
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
3.94MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Gemcitabine-Induced Tumor Lysis Syndrome Caused by Recurrent Breast Cancer in a Patient without Hemodialysis

Summary
 Tumor lysis syndrome(TLS)induced by chemotherapy for solid tumors is rare. We report a case of a 59-year-old woman with breast cancer who developed TLS. She underwent surgery to treat breast cancer in 1992. 19 years after surgery, however, she was diagnosed with multiple bone metastases(disease free interval, 13 years and 3 months). In March 2011, gemcitabine regimen was initiated(1,250 mg/m2, 14 days followed by a 7-day rest period)because of worsening of multiple bone metastases. The patient was immediately admitted and treated for suspected TLS when she presented at our hospital with symptoms such as depressed level of consciousness, serious anemia, hypercalcemia, hyperuricemia, and liver/renal dysfunction on day 16 of the first line of regimen. Rasburicase was found to be effective for hyperuricemia.

要旨
 乳癌患者でTLSを来した症例を報告する。症例は59歳,女性。乳癌に対し1992年に手術を施行した。術後19年目(DFI 13年3か月)で多発骨転移を認めた。2011年3月,多発骨転移が増悪しゲムシタビン(2投1休1,250 mg/m2)開始。1コース目day 16に意識レベルの低下,高度貧血,高Ca血症,高尿酸血症,肝・腎機能障害が出現し緊急入院,TLSを疑い治療を行った。高尿酸血症に対しラスブリカーゼが有効であった。固形癌の化学療法によるTLSの発症はまれであるため報告する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻11号 2013年11月号トップへ

【症例】

▶ゲムシタビンにより腫瘍崩壊症候群(Tumor Lysis Syndrome)を来したが透析を行うことなく救命し得た再発乳癌の1例 川口(牛尾) 文ほか

このページの先頭へ