現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Bevacizumab+XELOX療法により広範な腹膜播種が消失し切除し得た進行大腸癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10878_13
著者:
久保 秀文、中須賀千代、多田 耕輔、宮原 誠、長谷川博康
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
3.81MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case Wherein Bevacizumab/XELOX Combination Therapy Was Remarkably Effective for the Treatment of Extensive Dissemination in Advanced Colon Cancer, and the Primary Lesion Could Be Resected

Summary
 Here, we report a case wherein bevacizumab/XELOX combination therapy was remarkably effective for the treatment of a patient with unresectable advanced cecum cancer and carcinomatous peritonitis. A 52-year-old man was diagnosed with cecum cancer with extensive carcinomatous dissemination. He underwent open laparotomy, and the findings indicated a unresectable cecal tumor attached to the retroperitoneum; therefore, ileo-transverse colostomy was performed. After 6 courses of bevacizumab and XELOX therapy, the primary tumor as well as ascites and carcinomatous dissemination had disappeared, and a marked decrease in the serum carcinoembryonic antigen(CEA)level was noted. However, subsequently, positive emission tomography/computed tomography(PET/CT)indicated a recurrence of the primary tumor. Therefore, ileocecalectomy and D2 lymph node dissection were performed. Thus, we believe that bevacizumab/XELOX therapy may be useful as neoadjuvant chemotherapy for the treatment of advanced colon cancer with peritonitis carcinomatosa.

要旨
 われわれはイレウス状態にある広範な腹膜播種を伴う切除不能結腸癌に対しバイパス術を施行した後,bevacizumab+XELOX療法(以下,本療法)を投与した。本療法が奏効し,腹膜播種が消失し原発巣を切除し得たので報告する。症例は52歳,男性。盲腸癌の診断で手術を施行した。多数の腹膜播種があり,原発巣は後腹膜に固着していたため切除不能と判断し,小腸横行結腸吻合のみ施行した。術後本療法を外来通院下に計6コース行い,PET/CTで腹水・腹膜播種は消失し,CEAは正常値となった。大腸内視鏡でも原発巣は著明に縮小し,生検でもgroupⅠであったが,PETでわずかに異常集積が残存したためsecond look開腹手術を施行した。腹水・腹膜播種はほぼ消失しており,盲腸腫瘤は後腹膜より挙上可能で回盲部切除施行し得た。組織学的効果判定はgrade 2であった。本療法は腹膜播種を伴う切除不能進行大腸癌に有効と考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻11号 2013年11月号トップへ

【症例】

▶Bevacizumab+XELOX療法により広範な腹膜播種が消失し切除し得た進行大腸癌の1例 久保秀文ほか

このページの先頭へ