現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Capecitabineによる大腸癌術後化学療法開始後早期に重篤な白血球減少を来し死亡した1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10879_13
著者:
戸嶋 俊明、小寺 正人、山下 裕、大石 正博、瀬下 賢、山村 正夫、加藤 大、池田 秀明、水野 憲治
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
3.48MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case in Which Dihydropyrimidine Dehydrogenase Deficiency Was Strongly Suspected during Adjuvant Chemotherapy with Capecitabine for Colon Cancer

Summary
 Severe toxicity in patients with a deficiency of dihydropyrimidine dehydrogenase(DPD), an enzyme that reduces fluoropyrimidine, is very rare, and reports on this condition are few. Accordingly, diagnosis is very difficult. The patient was 70-year-old man who was admitted for adjuvant chemotherapy with capecitabine(3,600 mg/day)for rectal cancer. He was admitted to our hospital because of severe oral mucositis(grade 3)and hand-foot syndrome(grade 3). After hospitalization, he experienced complications with neutropenia(grade 4)and thrombocytopenia(grade 4). The patient died 25 days after the onset of chemotherapy. Despite the measurement of the DPD value in mononuclear cells of peripheral blood and urophanic uracil and dihydrouracil, we were unable to diagnose DPD deficiency. However, we suspected a partial deficiency of DPD on the basis of the clinical course.

要旨
 フッ化ピリミジン系抗癌剤(以下,5-FU)の不活性化代謝の律速酵素であるdihydropyrimidine dehydrogenase(DPD)を欠損した患者に5-FUを投与した場合,重篤な副作用を生じることが報告されているが,非常にまれであり,またその診断確定には難渋することが多い。症例は70歳,男性。直腸癌の術後補助化学療法としてcapecitabine 3,600 mg/day内服を開始した。内服開始12日目に口腔粘膜炎(grade 3),手足症候群(grade 3)にて外来受診し,入院加療を開始。その後,好中球減少(grade 4),血小板減少(grade 4)も認め,治療に奏効せず,内服開始後25日目に死亡された。末梢血中単核球中のDPD測定,また尿中uracil,尿中dihydrouracilの測定を行ったところ,DPD欠損症の診断は確定できなかったが,臨床経過より部分欠損症を強く疑った。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻11号 2013年11月号トップへ

【症例】

▶Capecitabineによる大腸癌術後化学療法開始後早期に重篤な白血球減少を来し死亡した1例 戸嶋俊明ほか

このページの先頭へ