現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Bevacizumab+FOLFIRI療法施行中に発症したHBV既往感染患者における再活性化の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10882_13
著者:
野口 裕介、鶴島 真子、田村 美子、青山 絹子、徳山 洋子、内山 清、清水 義博
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
3.45MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Hepatitis B Virus Reactivation in a Patient with Prior Resolved Hepatitis B Infection during Bevacizumab plus FOLFIRI Treatment

Summary
 Hepatitis B virus(HBV)reactivation induced by cancer chemotherapy is increasingly being observed. However, most reports of resolved HBV[hepatitis B surface antigen(HBs-Ag)negative and hepatitis B surface antibody(HBs-Ab)positive and/or hepatitis B core antibody(HBc-Ab)positive]infection involve patients with hematological malignancies, whereas few describe patients with solid cancers. In this study, we report our experience with a patient with resolved HBV infection who was undergoing bevacizumab plus FOLFIRI treatment for rectal cancer when HBV reactivation was noted. This 74-year-old man was HBs-Ag negative, HBs-Ab negative, HBcAb positive, hepatitis B e antigen(HBe-Ag)negative, and hepatitis B e antibody(HBe-Ab)negative and had HBV-DNA levels below the detection limit. Forty-two days after the 21st cycle of bevacizumab plus FOLFIRI treatment, his aspartate aminotransferase and alanine aminotransferase levels increased. At follow-up examination, he was HBs-Ag positive, HBs-Ab negative, HBc-Ab positive, HBe-Ag positive, and HBe-Ab positive, while his HBV-DNA levels had increased to>9.0 log copies/mL, confirming HBV reactivation. His treatment included entecavir(0.5 mg/day)administration and plasmapheresis, but he succumbed to liver failure 82 days after his final dose of bevacizumab plus FOLFIRI. Thus, HBV reactivation can occur during bevacizumab plus FOLFIRI treatment in rectal cancer patients with a resolved prior HBV infection. No similar report has been published to date, and we believe that this study will be important when discussing HBV reactivation in patients with resolved HBV infection. Future studies will require detailed investigations in a larger number of institutions.

要旨
 近年,がん化学療法によるB型肝炎ウイルス(HBV)の再活性化が問題となっている。しかし,HBs抗原陰性でHBs抗体もしくはHBc抗体陽性の既往感染例における報告は造血器腫瘍が大半であり,固形がんについては極めて少ないのが現状である。今回,HBV既往感染の直腸がん患者において,bevacizumab+FOLFIRI療法施行中にHBVが再活性化する症例を経験したので報告する。患者は74歳,男性でHBs抗原(-),HBs抗体(-),HBc抗体(+),HBe抗原(-),HBe抗体(-),HBV-DNA(検出感度未満)のHBV既往感染患者であった。21サイクル目のbevacizumab+FOLFIRI療法を施行した42日後から,ASTおよびALTが上昇した。また,その後の検査でHBs抗原(+),HBs抗体(-),HBc抗体(+),HBe抗原(+),HBe抗体(+),HBV-DNA 9.0 log copies/mL以上となり,HBVの再活性化が明らかとなった。治療としてはentecavir(0.5 mg/day)の投与や血漿交換が行われたが,bevacizumab+FOLFIRI療法最終投与から82日後に患者は肝不全のため永眠された。本症例から,HBV既往感染の直腸がん患者においてもbevacizumab+FOLFIRI療法施行期間中にHBVが再活性化することが示された。過去に同様の症例は報告されておらず,本症例は今後,HBV既往感染例における再活性化を議論する上での貴重な報告になり得ると考えられる。今後,より多くの施設において詳細な検討を行われることが望まれる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻11号 2013年11月号トップへ

【症例】

▶Bevacizumab+FOLFIRI療法施行中に発症したHBV既往感染患者における再活性化の1例 野口裕介ほか

このページの先頭へ