現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


がん専門病院における管理栄養士を核とした栄養管理システム

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10902_13
著者:
中田恵津子
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.22MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Nutritional Support Systems at Cancer Centers: Highlighting the Role of the Dietitian as a Key Manager

Summary
 For real-time nutritional management of in-hospital patients, a system for updated nutritional assessment is required. In our institution, we changed the conventional passive style of our nutrition support team(NST). The goal of the new NST is to provide comprehensive nutritional support based on weekly monitoring of each patient's nutritional status. In July 2013, we introduced a system where the dietitian acts as a key manager of the NST to select patients who really need nutritional support based on the data of nutritional intake and nutritional assessment by nurses.

要旨
 入院患者に対する栄養管理は,日々変化する患者の病状に対応する必要があるため,入院時の計画だけでなく,すべての入院患者を定期的にモニタリングし,入院後に発生した栄養障害も見逃さないシステムの構築が必要となる。当院では,すべての入院患者の栄養状態を経時的に把握できなかった反省から,従来の主治医からの依頼を中心とした栄養サポートチーム(nutrition support team: NST)活動を改めた。2013年7月に導入したシステムでは管理栄養士が核となり,看護師が行う毎週の入院患者の栄養スクリーニングから摂食状況などを加味してハイリスクを抽出し,NSTサイドから対象者を選別する包括的な栄養管理をめざしている。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻13号 2013年12月号トップへ

【特集】がん医療における多職種の関わり

▶がん専門病院における管理栄養士を核とした栄養管理システム 中田恵津子

このページの先頭へ