現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


リンパ浮腫患者を支える多職種連携

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10903_13
著者:
鈴木 牧子
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.12MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Supporting Lymphedemapatients by Working Together among Different Job Categories

Summary
 Therapeutic methods and preventive education related to lymphedema are beginning to attract attention as a result of revisions to the associated medical treatment fees. Currently, fees for guidance on the prevention of lymphedema and the payment of medical expenses for compression garments after the onset of lymphedema are covered by insurance. However, complex treatments are not covered, and the response to the onset of lymphedema differs according to the treatment facility. Patients who develop lymphedema have to contend with it for long periods of time. In addition, the difference in the response noted between facilities delays the start of treatment and hampers continued treatment. Multidisciplinary collaboration is essential for patients to continue treatment without difficulty and face lymphedema with confidence. This study describes multidisciplinary collaboration methods to assist lymphedema patients as well as challenges for the future treatment of this disease.

要旨
 リンパ浮腫に関連した診療報酬の改定により,リンパ浮腫の予防教育や治療方法が注目され始めている。しかし現状として,リンパ浮腫発症予防としてのリンパ浮腫指導管理料やリンパ浮腫が発症した際の弾性着衣療養費の支給に関しては保険適応となったが,複合的治療に関しては保険適応にはなっておらず,施設によりリンパ浮腫が発症した際の対応は異なっている。リンパ浮腫を発症すると患者は長期間にわたり,リンパ浮腫と付き合っていかなくてはいけないが,施設間の対応の違いが患者の治療開始を遅らせ,治療継続を阻んでいる。患者が安心してリンパ浮腫と向き合い,治療を無理なく継続していくためには多職種の連携が不可欠である。今回,リンパ浮腫患者を支援するための多職種間の連携と今後の課題について述べる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻13号 2013年12月号トップへ

【特集】がん医療における多職種の関わり

▶リンパ浮腫患者を支える多職種連携 鈴木牧子

このページの先頭へ