現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


がん患者を支えるストーマケア

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10904_13
著者:
江川安紀子、諏訪 勝仁
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.92MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Stoma Care in Patients with Malignant Disease

Summary
 The aim of stoma care and rehabilitation is improving the quality of life of the patient with a stoma. There are more than 1,700 stoma specialist nurses in Japan, eg, enterostomal therapists(ET)and wound, ostomy, and continence nurses(WOCN), who are involved in the care of patients with stomas.
 In this manuscript, we describe our role in the care of patients with temporary/permanent stomas created for emergency disease and/or palliative care, and the adverse effects of various current chemotherapies.

要旨
 ストーマリハビリテーションの目的はストーマ保有者のQOL向上にある。日本ではET,WOCN合わせ1,700人以上の専門家が,様々な対象に合わせた質の高いケアの提供をめざして従事している。本稿では,増加している一時的ストーマ造設患者へのケア,多様化する化学療法に対するケア,そして緩和ケア目的で造設されるストーマケアについて,われわれの役割とそのケアの特徴について述べたいと思う。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻13号 2013年12月号トップへ

【特集】がん医療における多職種の関わり

▶がん患者を支えるストーマケア 江川安紀子ほか

このページの先頭へ