現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


「相談」によって行う支援

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10905_13
著者:
髙田 由香
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
2.01MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Support of Cancer Patients by Counseling

Summary
 Special counselors of consultation support centers at cancer hospitals have the difficult task of providing support to patients and families that receive the difficult diagnosis of cancer. Patients and their family first receive a notice and an explanation of the conditions of the disease, along with details of the standard future treatment policy in that country. Such information may not be conveyed by medical experts in a manner in which the patient can understand it, and very few patients are able to select a treatment plan on their own. With the support of a special counselor, the patient can determine the best way to manage the illness, and the counselor supports the decision-making process regarding the best treatment option. Moreover, support is offered to help the patient accept the diagnosis and maintain a balance of daily activities, which facilitate treatment continuation. With the intervention of a special counselor, problems that arise can be addressed directly and the counselor can summarize the patient's intentions and can act immediately to find solutions. Medical social workers understand that the patient is an individual who is concerned and who must be convinced and understand the situation in order to judge the situation and act accordingly. This approach gives courage to the patient, increases the will to live, and helps the patient regain a sense of self. A medical social worker's role is to help find answers and to suggest ideas for problem solving, to allow for patients to care for themselves and others.

要旨
 がん患者・家族の悩みや不安に対する相談支援を担っているのが,各がん診療連携拠点病院の相談支援センターの専門相談員である。患者・家族は,まず告知を受け,動揺している状態で病状説明やこれからの治療方針の説明を受ける。この際に医療者と患者では情報の非対称性の問題があり,自力で方針を選び取れる人は少ない。そこで相談員は具体的な支援として,患者が自分にふさわしい病気との付き合い方を明確にし,治療方針などを決めるための“意思決定の支援”が必要となる。また収支のバランスを保ちながら生活を維持し,治療と両立できるようにする“生活再建の支援”や,さらに人と人,人と制度など活用できるものを結び付け,関係性をつなぐ“関係調整の支援”などを提供する。専門相談員の介入により,相談者は「話すこと」をとおして,複雑に絡み合った問題を整理し,自分の意向をまとめ,行動化することができるようになる。医療ソーシャルワーカーは,当事者である患者自身が納得・理解し,自分で判断し,自発的に行動することを大切にしている。そのことをとおして自己効力感を得たり,自信を強化したり,“その人らしさ”を取り戻したりする結果につながるからである。医療ソーシャルワーカーの役割は相談者の心のなかにある答えを一緒に見つけだし,“考えを言語化”することや“問題解決の能力”を引きだすように助言することや,患者自らが自他への愛情や生命力を発揮することを助けることである。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻13号 2013年12月号トップへ

【特集】がん医療における多職種の関わり

▶「相談」によって行う支援 髙田由香

このページの先頭へ