現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


経口UFT+PSKによる治療を受けたStageⅡ/Ⅲ大腸癌患者における術前リンパ球比率に関するサブセット解析

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10912_13
著者:
戸塚 統、川手 進、平井圭太郎、小川 博臣、戸谷 裕之、吉成 大介、須納瀬 豊、竹吉 泉
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.05MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Subset Analysis of Preoperative Lymphocyte Ratio in StageⅡ or Ⅲ Colorectal Cancer Patients Treated with Oral Tegafur-Uracil and Protein-Bound Polysaccharide K

Summary
 Purpose: We have reported, in a randomized, controlled study, that tegafur-uracil(UFT)and protein-bound polysaccharide K(PSK)combination therapy significantly improves the 5-year disease-free survival rate and reduces the risk of recurrence compared to UFT alone for StageⅡ or Ⅲ colorectal cancer. In this study, we examined the efficacy of PSK by stratifying patients according to the preoperative lymphocyte ratio(Lym). Methods: In a randomized, controlled study, 205 patients were eligible(137 in the UFT/PSK group and 68 in the UFT group). Of these, 193 patients with available preoperative Lym data were analysed(131 in the UFT/PSK group and 62 in the UFT group). Results: Among patients with a preoperative Lym of <35%, the relapse-free survival(RFS)rate was 76.5% in the UFT/PSK group and 55.8% in the UFT group(p=0.008). However, in patients with a preoperative Lym of ≧35%, the RFS rate did not differ between the 2 groups. Similarly, overall survival was significantly higher in the UFT/PSK group than in the UFT group in patients with a preoperative Lym of <35%, whereas no intergroup difference was found among patients with a preoperative Lym of ≧35%. Conclusion: This study suggests that a low preoperative Lym is a good predictor for response to PSK in patients with StageⅡ or Ⅲ colorectal cancer.

要旨
 目的: われわれは以前,StageⅡ/Ⅲ大腸癌患者を対象とした無作為化比較試験(RCT)において,テガフール・ウラシル(UFT)と蛋白結合多糖体polysaccharide K(PSK)との併用療法がUFT単独療法と比べ,5年無病生存率を有意に改善し,再発リスクを軽減することを報告した。今回,本RCTより得られたデータを用い,患者を術前リンパ球比率(Lym)により層別化し,PSKの有効性を検討したので報告する。方法: 本RCTにおいて,選択基準を満たした患者205例(UFT/PSK群137例,UFT群68例)のうち,術前Lymデータが得られた患者193例(UFT/PSK群131例,UFT群62例)を対象に解析を行った。 結果: 術前Lymが35%未満であった患者の無再発生存率(RFS)は,UFT/PSK群76.5%,UFT群で55.8%であった(p=0.008)のに対し,術前Lymが35%以上であった患者のRFSでは,2群間に差はなかった。同様に,術前Lymが35%未満であった患者の全生存率は,UFT群よりもUFT/PSK群のほうが有意に高かったが,術前Lymが35%以上であった患者においては,群間差は認められなかった。結論: StageⅡ/Ⅲ大腸癌患者において,術前Lymの低値がPSKの応答性に関する優れた予測因子であることが示唆される。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻13号 2013年12月号トップへ

【原著】

▶経口UFT+PSKによる治療を受けたStageⅡ/Ⅲ大腸癌患者における術前リンパ球比率に関するサブセット解析 戸塚 統ほか

このページの先頭へ