現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


複数の前治療歴を有するホルモン受容体陽性進行・再発乳癌に対するフルベストラント療法の治療成績―単施設の経験

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10914_13
著者:
服部正也、堀尾章代、澤木正孝、近藤直人、藤田崇史、牛尾文、権藤なおみ、井戸田愛、市川茉莉、岩田広治
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.96MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Assessment of the Clinical Efficacy and Safety of Fulvestrant in Heavily Pretreated Patients with Hormone-Receptor Positive Metastatic Breast Cancer―A Single-Institution Experience

Summary
 Fulvestrant, a pure estrogen receptor antagonist with no known agonist effects, was approved in September 2011 for the treatment of hormone-receptor positive metastatic breast cancer(MBC)in postmenopausal women in Japan. Here, we present a retrospective review of data from 73 heavily pretreated patients who received a high-dose regimen of fulvestrant in our hospital. Patients received a median of 3 endocrine therapies(range: 1-7)prior to the fulvestrant regimen. Partial response was observed in 4 patients, and 10 patients experienced stable disease for more than 6 months(objective response rate: 5.5%; clinical benefit rate: 19.2%). The median time to progression was 2.8 months. Fulvestrant was well tolerated; however, Grade 3 neuropathy at the injection site was observed in 2 patients. Of 12 patients, 3 responded to endocrine therapy following fulvestrant treatment. Our clinical experience indicates that fulvestrant can be administered to patients pretreated with several lines of endocrine therapy, although its efficacy as first- or second-line endocrine therapy has been demonstrated in clinical trial settings.

要旨
 フルベストラントはアゴニスト作用をもたないpure antiestrogenであり,本邦では2011年9月に承認された。今回,本邦承認後に当院でフルベストラント療法(HDレジメン)を行った73例を対象とし,複数の前治療歴を有するホルモン受容体陽性進行・再発乳癌に対するフルベストラント療法の臨床的治療効果,安全性,フルベストラント療法終了後の治療につき後方視的に検証を行った。前治療で用いられた内分泌療法のレジメン数の中央値は3であった。臨床的治療効果は奏効率5.5%,臨床的有用率19.2%,無増悪期間中央値が2.8か月であった。忍容性は高かったが,初期の症例に注射部位が原因と考えられるGrade 3の神経症状を認めた。フルベストラント療法後の治療として内分泌療法が選択された12例中3例で奏効が得られていた。三次治療以降でのフルベストラント療法の治療成績の報告は少ないが,本検討からフルベストラント療法が三次以降であってもホルモン受容体陽性進行・再発乳癌に対する逐次的内分泌療法の選択肢として治療効果が期待できる可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻13号 2013年12月号トップへ

【原著】

▶複数の前治療歴を有するホルモン受容体陽性進行・再発乳癌に対するフルベストラント療法の治療成績―単施設の経験 服部正也ほか

このページの先頭へ