現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Trastuzumabの生理食塩液100 mL希釈30分間投与における短期的な安全性評価―特にInfusion Reactionに注目して―

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10916_13
著者:
長谷川善枝、三浦 元美、佐藤 浩一、山中 祐治、成田 淳一、柴田 滋、須藤 武道
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
2.09MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Short-Term Safety Evaluation of Trastuzumab Administrated Intravenously over 30 Minutes with 100 mL Saline Solution with a Focus on Infusion Reaction

Summary
 In 2011, trastuzumab was approved via public knowledge-based application for administration over 30 minutes from the second round if the first infusion is well tolerated. However, cardiovascular strain and the trastuzumab-specific side effect of infusion reaction induced by an increase in the infusion rate on administering trastuzumab with 250 mL saline over 30 minutes need to be considered. To address these concerns, we evaluated trastuzumab administration with a reduced volume of 100 mL saline over 30 minutes. This method was well tolerated without an increase in the frequency of infusion reaction on retrospective comparison of the 2 administration methods. Thus, administration of trastuzumab with 100 mL of saline over 30 minutes considerably reduces infusion time, benefiting both patients and healthcare providers.

要旨
 TZBの投与方法は,2011年の公知申請の際に初回投与時に忍容性が認められれば,2回目以降は点滴時間を30分まで短縮することが可能となった。しかし,生理食塩水250 mL希釈による30分間投与は,点滴速度の上昇に伴う心血管系への負荷やTZB特有の副作用であるinfusion reactionへの影響が懸念される。以上のことを考慮し,100 mL希釈30分投与への変更を検討した。投与方法の変更前後においてinfusion reactionの発現頻度をレトロスペクティブに評価したところ,infusion reactionの発現頻度が増えることなく,忍容性に問題なかった。さらに,点滴時間の大幅な短縮につながり,患者にとっても医療者側にとってもベネフィットにつながると考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻13号 2013年12月号トップへ

【原著】

▶Trastuzumabの生理食塩液100 mL希釈30分間投与における短期的な安全性評価―特にInfusion Reactionに注目して― 長谷川善枝ほか

このページの先頭へ