現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


広島県内におけるACTS-GC以降の胃癌術後補助化学療法に関するアンケート調査と今後の課題

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10918_13
著者:
山口 覚博、平林 直樹、二宮 基樹、篠崎 勝則、畑中 信良、松田 裕之、田邊 和照
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
3.03MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Postoperative Adjuvant Chemotherapy for Gastric Cancer After the Adjuvant Chemotherapy Trial of S-1 for Gastric Cancer in Hiroshima Prefecture: Results from a Questionnaire Survey and Future Challenges

Summary
 A questionnaire survey on postoperative adjuvant chemotherapy for gastric cancer was conducted for 76 hospitals affiliated with the Hiroshima Oncology Group of Gastric Cancer in Hiroshima prefecture in January 2011. Responses were obtained from 29 hospitals, including 12 core cancer treatment hospitals, and the following results were obtained. The percentage of patients completing 1 year of oral S-1 was >70%, affecting approximately 75% of the entire hospital cohort. Dose reduction was conducted in approximately 30% of patients because of age, poor PS, and renal insufficiency. The standard S-1 regimen(4 weeks of S-1 treatment followed by 2 weeks of rest)was adopted in almost half of the patients, whereas the rest of the patients received another treatment schedule such as 2 weeks of treatment followed by 1 week of rest. Dose reduction and withdrawal of S-1 due to adverse events were conducted more frequently in hospitals with low completion rates of 1-year S-1 treatment than those with a high completion rate. S-1 was most commonly discontinued because of subjective adverse events and patient request, although the discontinuation rate according to objective adverse events such as bone marrow depression was not very high. The fact that some hospitals had high completion rates suggested the importance of supplementary tools for patient IC.

要旨
 広島県内で胃癌化学療法に特化した研究会(Hiroshima Oncology Group of Gastric Cancer: HOG-GC)の参加施設(76施設)に対して,2011年1月に胃癌術後補助化学療法に関するアンケート調査を行った。がん診療連携拠点病院および準拠点病院(以下,拠点病院)12施設を含む29施設(年間対象症例数405例)から回答を得た。① S-1の1年間内服完遂症例の割合は全体の約75%の施設にて70%以上の症例で1年間完遂されていた。② S-1の初回投与量について約30%の症例で基準量よりも減量して治療が開始され,理由として高齢,PS不良,腎機能低下の割合が高かった。③ S-1は4投2休の標準レジメンは約半数の施設で開始されていたが,残りの半数弱の施設では最初から標準レジメンではないレジメンが採択されていた。④ 副作用などで減量・休薬は完遂率の低い施設でより頻繁に行われていた。⑤ 投薬中止理由では自覚症状と患者の希望による中止理由が大半を占め骨髄抑制などの他覚所見のために投与中止となった施設割合は少なかった。⑥ 完遂率の高い施設でICのための補助ツールが必要とする割合が高かった。以上より術後補助療法を安易に中止しないための標準化された副作用対策や患者教育・薬薬連携も含めた体制作りが今後の課題と思われた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻13号 2013年12月号トップへ

【医事】

▶広島県内におけるACTS-GC以降の胃癌術後補助化学療法に関するアンケート調査と今後の課題 山口覚博ほか

このページの先頭へ