現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


胸腺癌術後再発に対してNedaplatin/Docetaxelが奏効した1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10919_13
著者:
片岡 瑛子 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
2.16MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Postoperative Thymic Carcinoma Recurrence That Was Effectively Treated with Combination Chemotherapy of Nedaplatin and Docetaxel

Summary
 We report a case of postoperative recurrence of thymic carcinoma that was effectively treated with combination chemotherapy of nedaplatin(NDP)and docetaxel(DOC). We performed thymectomy for thymoma in a 55-year-old man. The pathological diagnosis was squamous cell thymic carcinoma(pT3N0M0, Stage Ⅲ). The patient was observed without postoperative radiotherapy being administered. Six months after the operation, the patient was admitted to our department with carcinomatous pericarditis. Whole-body examination revealed multiple lung and liver metastases and a left femoral metastasis. After pericardiocentesis, radiation therapy was administered for the left femoral metastasis. Combination chemotherapy(NDP[60 mg/m2]/DOC[70 mg/m2])was administered for the multiple lung and liver metastases. After 4 cycles of chemotherapy, the multiple lung metastases were completely resolved and the liver metastases were clearly reduced. Partial response and acceptable toxicity were identified. Thymic carcinoma is a rare epithelial neoplasm for which the optimal chemotherapy regimen has not yet been established. Combination chemotherapy with NDP/DOC was effective in the case of our patient with postoperative thymic squamous cell carcinoma recurrence, and it can be considered as a promising regimen for patients from the standpoint of clinical efficacy.

要旨
 症例は55歳,男性。胸腺癌に対して胸腺・胸腺腫瘍摘出除を施行した(扁平上皮癌,pT3N0M0,Stage Ⅲ)。手術6か月後,癌性心膜炎のため入院。全身検索より,左大腿骨転移,多発肺転移,多発肝転移を認めた。心嚢ドレナージ後,左大腿骨転移に対しては放射線治療を行った。nedaplatin(NDP)/docetaxel(DOC)による化学療法を4コース施行したところ,肺転移は消失,肝転移は著明な縮小を認め,治療効果はPRであった。肺扁平上皮癌に対してその有効性が報告されているNDP/DOCは,胸腺扁平上皮癌に対しても有効であり,治療選択肢の一つとなり得ると考える。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻13号 2013年12月号トップへ

【症例】

▶胸腺癌術後再発に対してNedaplatin/Docetaxelが奏効した1例 片岡瑛子ほか

このページの先頭へ