現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Ethinyl Estradiolが奏効した閉経後ER陽性転移乳癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10921_13
著者:
後藤 瞳、稲尾 瞳子、中野 正啓、指宿 睦子、村上 敬一、山本 豊、岩瀬 弘敬
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
2.00MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Estrogen Receptor-Positive Metastatic Breast Cancer in a Postmenopausal Woman Treated with Ethinyl Estradiol

Summary
 The patient was 77-year-old woman whose breast cancer had metastasized to the bone and soft tissue 5 years after surgery. Although she had been sequentially treated with endocrine therapies following chemotherapies, new metastatic lesions in the pleura and skin appeared 8 years after recurrence. The biopsied skin tissue showed high positivity for estrogen receptor(ER), was negative for human epidermal growth factor receptor 2(HER2), and had a low Ki-67 labeling index. Following the treatment with exemestane(EXE)for 3 months, ethinyl estradiol(EE2)was administered at 3 mg/day. After 4 months of treatment, the lymph nodes shrunk to 35% of their size and pleural effusion disappeared. The efficacy of EE2 was observed for 10 months. Subsequently, fulvestrant was administered because the skin lesions showed progressive disease. Adverse events such as nausea and general fatigue were observed at the beginning of EE2 therapy. Pigmentation of the nipple and areola and cystic swelling of the cervical canal were observed after a few months. This therapy can be considered to be effective in patients with ER-positive metastatic breast cancer who have been heavily treated with endocrine therapies and chemotherapies.

要旨
 患者は77歳,女性。乳癌手術後5年で骨,軟部組織に再発した。内分泌療法,続いて化学療法を逐次投与したが,再発治療開始8年後に癌性胸水,背部皮膚に新病巣を認めた。皮膚生検ではER強陽性,HER2陰性,Ki-67 10%で,exemestane(EXE)(25 mg/day, po)を3か月投与後にethinyl estradiol(EE2)(3 mg/day, po)を開始した。4か月でリンパ節は35%縮小,胸水減少し,奏効と判断した。効果は10か月間継続したが,背部病巣の悪化を認め,fulvestrant(500 mg/body/4 week, im)に変更し,その後10か月間継続している。EE2の副作用として悪心,全身倦怠を投与初期に,その後乳頭,乳輪の色素沈着,子宮頸部嚢胞性腫大を認めた。本療法は高度の薬物療法が行われたER陽性再発乳癌に対して有効であり,新たな治療戦略と考えられる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻13号 2013年12月号トップへ

【症例】

▶Ethinyl Estradiolが奏効した閉経後ER陽性転移乳癌の1例 後藤 瞳ほか

このページの先頭へ