現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


低用量スニチニブが有効であったイマチニブ耐性GISTの1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10922_13
著者:
吉田 泰、赤星 慎一、清田 礼孝、本岡 大和、清住 雄希、山口 理沙、井上 克彦
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.98MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Imatinib-Resistant Gastrointestinal Stromal Tumor Treated with Low-Dose Sunitinib

Summary
 The patient was an 82-year-old man who had undergone resection of a gastrointestinal stromal tumor(GIST)of the small intestine in January 2000, when he was 69 years old. As peritoneal recurrences were diagnosed in June 2002, we performed peritoneal tumorectomy twice, and the perirectal tumor was controlled with imatinib for over 7 years. Resistance to imatinib was diagnosed in March 2011, and treatment was switched to sunitinib. Administration of sunitinib was started at 50 mg/day for 28 days followed by treatment withdrawal for 14 days; however, the dose needed to be reduced twice and then discontinued owing to the occurrence of side effects and pemphigoid. During discontinuation of sunitinib, the tumor increased in size and cancer pain appeared; therefore, sunitinib was re-administered at a very low-dose of 12.5 mg every alternate day. Low-dose sunitinib was effective; the perirectal tumor was reduced and cancer pain disappeared.

要旨
 症例は82歳,男性。2000年1月,69歳時に小腸GISTの切除術を施行された。2002年6月に播種性再発を認め,二度の手術を施行後,遺残した直腸周囲の病変に対しては,その後7年間以上にわたりイマチニブ投与によるコントロールを行った。2011年3月にイマチニブ耐性化を認め,スニチニブ投与に治療を切り替えた。通常量(50 mg/日,28日内服14日休薬)より開始したスニチニブは有害事象や類天疱瘡の発症のため,2回の減量の後休薬となった。休薬にて腫瘍増大を認め癌性疼痛が出現したため,スニチニブを12.5 mg/日,隔日投与という極めて低用量にて再開したところ,腫瘍縮小や疼痛消失など効果を得ることができた。若干の文献的考察を加えて報告する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻13号 2013年12月号トップへ

【症例】

▶低用量スニチニブが有効であったイマチニブ耐性GISTの1例 吉田 泰ほか

このページの先頭へ