現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


R-CHOP療法が奏効した子宮頸部原発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10926_13
著者:
橋本亜香利 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2013年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
2.03MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Primary Diffuse Large B-Cell Lymphoma of the Uterine Cervix Successfully Treated with Rituximab plus Cyclophosphamide, Doxorubicin, Vincristine, and Prednisone Chemotherapy―A Case Report

Summary
 Primary malignant lymphoma of the uterine cervix is a rare disease, and the therapeutic strategy has not been clearly established. A 45-year old woman presented with vaginal bleeding and hypermenorrhea in January 2012. Physical examination revealed a mass in the pelvic cavity approximately the size of a neonate's head. Pelvic magnetic resonance imaging(MRI)showed a solid mass 11 cm in size in the uterine cervix with homogeneous low intensity on T1-weighted images, iso-high intensity on T2-weighted images, and heterogeneous iso-high intensity on gadolinium-diethylenetriaminepentaacetate(Gd-DTPA)-enhanced images. Multiple lymphadenopathy were also detected in the pelvis. The Papanicolaou smear indicated class 5 cervical cytology, and a subsequent histological examination by a punch biopsy of the cervix showed diffuse infiltration of medium- to large-sized mononuclear cells that stained positive for CD20 and CD79a and negative for CD3, CD5, and EBER. Bone marrow biopsy revealed no abnormality. Positron emission tomography-computed tomography(PET-CT)showed strong fluorodeoxyglucose(FDG)accumulation in the uterine cervix mass, and in the pelvic and right inguinal lymphadenopathy. The patient was diagnosed with diffuse large B-cell lymphoma of the uterine cervix, Ann Arbor stageⅡAE. She was successfully treated with 8 courses of rituximab plus cyclophosphamide, doxorubicin, vincristine, and prednisone(R-CHOP)chemotherapy, and maintains a complete remission.

要旨
 症例は45歳,女性。2012年1月より血性帯下,過多月経を認め,4月に当院産婦人科受診。MRIにて子宮頸部にT1で低信号,T2で中等度の信号を示すφ11 cmの腫瘤と多数の骨盤内リンパ節腫脹を認め,PET/CTで同部位に強い集積を認めた。子宮頸部細胞診はclassⅤで,経膣的生検では中~大型単核球の浸潤を認め,CD20,CD79a陽性,CD3,CD5,EBER陰性であった。骨髄浸潤は認めなかった。びまん性大細胞型B細胞リンパ腫,病期ⅡAEと診断した。R-CHOP療法8コース終了後,完全寛解を維持している。子宮頸部原発悪性リンパ腫は節外性リンパ腫の0.5%とまれである。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 40巻13号 2013年12月号トップへ

【症例】

▶R-CHOP療法が奏効した子宮頸部原発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の1例 橋本亜香利ほか

このページの先頭へ