現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


次世代シーケンス技術を応用したがん薬物療法最適化への試み

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10959_13
著者:
豊川 貴弘、岡﨑 慎史、星  宣 次、江藤 精二 ほか
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.26MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Clinical Application of Next-Generation Sequencing Technologies to Achieve Cancer Precision Medicine

Summary
 Clinical applications of genomic biomarkers have been rapidly expanding, as has the development of molecular targeted therapies for various cancers. Ras activation has been regarded as a negative predictive marker for anti-epidermal growth factor receptor(EGFR)antibody therapy for colorectal cancer. Detection of mutations in KRAS codons 12 and 13 is widely used in clinical settings. Recent studies revealed that“minor”activating mutations such as those in KRAS codons 61 and 146, as well as NRAS mutations, contribute to resistance. Multiplex mutation testing that includes analysis of these mutations will be clinically available in the near future. We have conducted translational research in which novel biomarker candidates were evaluated using whole-exome sequencing-based mutation profiles of anti-EGFR antibody-treated samples from multiple centers in Japan. Development of the necessary infrastructure to ensure that genetic testing data are properly handled and utilized in clinical settings is also an important issue for the realization of cancer precision medicine. We have conducted pilot studies at the National Cancer Center in Japan.

要旨
 分子標的療法の進展に伴い,治療効果予測に用いられるゲノムバイオマーカーの数は増加している。大腸がん抗EGFR抗体療法の効果を予測するRAS遺伝子検査は,KRASコドン12,13について行われてきたが最近の研究結果より,これまでマイナーな変異とされてきたKRASの他のコドンやNRAS変異に拡大することで臨床的有用性が向上することが示された。 さらに新規のバイオマーカーを探索するために,詳細な臨床情報を附随する組織標本を全国から集積し次世代シーケンサーによる大規模ゲノム解析を行う臨床研究も進行している。一方で,臓器の枠を越えてゲノムバイオマーカーを有効に利用するために実地臨床での次世代シーケンサーを利用した変異検索の可能性を評価することも重要である。国立がん研究センターにおけるクリニカルシーケンスの現状を紹介し,今後の課題について考察する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻1号 2014年1月号トップへ

【総説】

▶次世代シーケンス技術を応用したがん薬物療法最適化への試み…土原 一哉

このページの先頭へ