現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


EBMに基づいたリンパ浮腫のチーム医療

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10960_13
著者:
北村 薫、河本美由紀
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.28MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Team Medical Care for Lymphedema Management from Evidence-Based Medicine

Summary
 Lymphedema is divided into primary lymphedema due to inherited conditions, and secondary lymphedema arising from damage to the lymph nodes or vessels. The main cause of secondary lymphedema in Japan is cancer treatment such as lymph node dissection and/or irradiation. However, surgeons are not often interested in this non-fatal aftereffect of surgery. Therefore, there has been little research with a high level of evidence to reach a better evidence-based medicine(EBM)or understanding of the real incidence of lymphedema. Because of the delay of standardization of management, prophylactic instruction against lymphedema and the use of elastic garments and bandaging for the treatment of lymphedema have been covered by medical reimbursement since 2008. Doctors must now pay attention to the management of postoperative lymphedema. Prophylactic instructions are given to doctors, nurses, and physical therapists so that they may teach the prescribed points to patients independently. These medical staff are also supposed to be in charge of the treatment of lymphedema patients; however, only the costs of compression materials have been reimbursed as of 2013. A standard strategy based on the EBM should be performed as a team practice. A comprehensive program including lymphedema management is also introduced

要旨
 リンパ浮腫は遺伝性や原因不明を含む原発性(一次性)と続発性(二次性)に分類され,日本におけるリンパ浮腫のほとんどは癌治療に伴う続発性リンパ浮腫である。しかし,外科医のリンパ浮腫に対する関心は低く,診療に関してevidence-based medicine(EBM)の観点からデザインされた質の高い研究はほとんどなされてこず,罹患の実態などを知る機会もなかった。このように,診断や治療の標準化にはほどとおい状況のなか,2008年の診療報酬改定で「リンパ浮腫指導管理」ならびに「弾性着衣・弾性包帯の療養費払い」が採択され,医療者は否応なくリンパ浮腫診療と向き合うことになった。リンパ浮腫指導管理は,術後の予防教育として規定の項目に関する個別指導を行うことに対する加算であり,医師,看護師,理学療法士が加算可能な職種となっている。これに準じて,発症後の治療にも前述の3職種が携わることになるが,治療で保険収載されたのは材料費のみであり,卒後研修によって修得した知識や技術についての診療報酬は未だ自己負担となっているのが現状である。本稿では,EBMにのっとった標準的な診療方針と,新たな試みとして,電子カルテのなかで原疾患とともにリンパ浮腫もチーム医療として管理していくための患者状態適応型パスシステムについて概説する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻1号 2014年1月号トップへ

【特集】がんサーバイバーの諸問題(長期)

▶EBMに基づいたリンパ浮腫のチーム医療…北 村  薫ほか

このページの先頭へ