現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


ストーマ保有者―危機的時期の問題と対応―

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10961_13
著者:
青木 和惠、石黒 美穂
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.15MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

People with Stomas―Issues and Responses in Critical Periods: Kazue Aoki and Miho Ishiguro(Shizuoka Cancer Center)

Summary
 People with stomas who have either been cured of cancer or are living with cancer have achieved good interrelationships among the three issues of“establishing self-care”,“dealing with stoma complications”, and“accepting stomas”, and they are maintaining stable physical and mental states. However, self-care may become difficult due to stoma complications and adverse events caused by chemotherapy and radiation therapy in the cancer treatment period, and in advanced phases of cancer serious stoma complications may occur due to deterioration of general condition and advancing cancer.
 Therefore, there is a risk that those stable physical and mental states will collapse. In order to deal with this critical state, in the cancer treatment period, stoma skin care is used for handling skin problems around the stoma, and for adverse events such as hand-and-foot syndrome, braces that are easy to operate are chosen from among various types of stoma braces in order to cover impediments. During advanced phases of cancer, care is conducted with the main priority placed on physical stability in order to ensure that the three major complications of stoma varicose veins, stoma prolapse, and parastomal hernia do not worsen and significantly affect general condition and daily life. Stoma outpatient treatment that provides lifelong support for such issues, and the existence of skin- and excretion-care certified nurses who provided highly specialized self-care support, are extremely important for cancer survivors with stomas. Key words: Stoma self-care, Stoma complication, Accepting stomas, Corresponding author: Kazue Aoki, Shizuoka Cancer Center, 1007 Shimonagakubo, Nagaizumi-cho, Sunto-gun, Shizuoka 411-8777, Japan

要旨
がんが治癒した,あるいはがんと共生しているストーマ保有者は「セルフケアの確立」,「ストーマ合併症への対応」,「ストーマの受容」という三つの課題がよい相互関係の上に達成されて,身体的にも精神的にも安定した状態が保たれている。しかし,がん治療期には化学療法や放射線療法によって起こるストーマの合併症,有害事象からくるセルフケア困難などによって,がん進行期には全身状態の低下や進行がんの症状からくる深刻なストーマ合併症を抱えることによって,その安定状態が崩れる危険性がある。
 この危機的状態に対応するために,がん治療期ではストーマスキンケアを駆使して合併症であるストーマ周囲の皮膚障害に対応し,また手足症候群などの有害事象には障害をカバーするような操作のしやすい装具を多様な種類のストーマ装具のなかから選択する。がん進行期では,3大合併症であるストーマ静脈瘤,ストーマ脱出,ストーマ傍ヘルニアについて,これらが悪化し全身状態と日常生活に大きく影響することのないように,身体の安全を第一としたケアを行う。ストーマを保有するがんサバイバーにとって,これらの課題を生涯的にサポートするストーマ外来や,専門性の高いセルフケア支援を行う皮膚・排泄ケア認定看護師の存在は非常に重要である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻1号 2014年1月号トップへ

【特集】がんサーバイバーの諸問題(長期)

▶ストーマ保有者―危機的時期の問題と対応―…青木 和惠ほか

このページの先頭へ