現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


小児がんサバイバーに対する長期フォローアップ―晩期合併症対策,移行医療の側面から―

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10962_13
著者:
湯坐 有希
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.05MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Long-Term Follow-Up Program and Transition Medicine for Childhood Cancer Survivors

Summary
 Because of recent advances in cancer treatments, about 70% of childhood cancer patients can be cured and reach adulthood. Childhood cancer survivors(CCS)are estimated to account for one out of 1,000 adults currently in their 20s. In the continuing care of CCS, two aspects of long-term follow-up(LTFU)are necessary different from that of adulthood cancer survivors. As CCS receive cancer treatment, including chemotherapy and radiotherapy, during their growth phase, one aspect of LTFU is monitoring for late side effects on their physiological and psychosocial growth. The other aspect is transition medicine to encourage adolescent and young adult(AYA)-CCS into adult-oriented medicine to receive age-appropriate clinical care. Because there are differences between child-oriented medicine and adult-oriented medicine, AYA-CCS often refuse to visit adult-oriented clinics or avoid follow-ups. Therefore, the establishment of a comprehensive LTFU system is necessary, and transition medicine began being introduced in the 1990s. In Japan, the importance of these aspects has just begun to be recognized and the system is still not fully established. In this paper, we discuss these LTFU topics together with current situations in Japan.

要旨
 がん治療の進歩により小児がんの約70%が治癒するようになり,20歳台成人の1,000人に1人ががんサバイバーと試算されている。それに伴い成長期に受けた各種がん治療,特に化学療法,放射線療法により生じ得る,身体的および心理社会的な晩期合併症が問題となってきている。 小児がんサバイバーに対する長期フォローアップに際しては原病のみならず,これら晩期合併症に対する体系的で集学的な長期フォローアップが重要である。さらに,思春期から青年期に達した小児がんサバイバーを円滑に成人診療科における医療に移行するという観点も重要である。これは,小児診療科の医療に慣れた小児がんサバイバーが小児診療科の医療と成人診療科の医療との間にある様々な違いのために,スムースに成人診療科に移行することができないことがしばしばあるからである。1990年代から欧米で移行医療が導入されるようになった。本論ではこれらの概要について説明する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻1号 2014年1月号トップへ

【特集】がんサーバイバーの諸問題(長期)

▶小児がんサバイバーに対する長期フォローアップ―晩期合併症対策,移行医療の側面から―…湯坐 有希

このページの先頭へ