現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


放射線療法後の諸問題

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10965_13
著者:
唐澤久美子
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.00MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Problems after Radiation Therapy

Summary
 The rate of severe late adverse effects has decreased with the highly accurate administration of radiation therapy; however, the total number of patients who suffer from late effects has not decreased because of the increased total number of patients and better survival rates. Late adverse effects, occurring more than a few months after irradiation, include the extension and collapse of capillaries, thickening of the basement membrane, and scarring of tissue due to loss of peripheral vessels. The main causes of these late effects are the loss of stromal cells and vascular injury. This is in contrast to early reactions, which occur mainly due to the reorganization of slow-growing non-stem cell renewal systems such as the lung, kidney, heart, and central nervous system. In addition, the patient's quality of life is impaired if acute reactions such as mouth or skin dryness are not alleviated. Most adverse effects are radiation dose dependent, and the thresholds differ according to the radiosensitivity of each organ. These reactions occur with a latency period of a few months to more than 10 years. Understanding the clinical and pathological status, through discussion with radiation oncologists, is the essential first step. Some of the late effects have no effective treatment, but others can be treated by steroids or hyperbaric oxygen therapy. An appropriate decision is important.

要旨
 放射線療法が高精度化し,問題となる後期有害事象の率は減ってきてはいるが,治療数が増加し生存率も向上しているため実数としては減っていない。後期反応とは照射後数か月以降に生じる毛細血管の虚脱や拡張,基底膜の肥厚,組織の瘢痕化,増殖能の喪失などによる反応である。反応の主因は血管損傷と間質細胞の喪失で,早期反応と異なり,肺,腎臓,心臓,中枢神経などの増殖の遅い非細胞再生系の組織に主に発生する。また,生命に影響は及ぼさないが,急性反応から回復せずに持続する口腔乾燥,皮膚乾燥などはQOLの低下を引き起こす。後期有害反応発生の閾値は組織の放射線感受性により異なるが,多くは線量依存性である。数年~十数年の潜伏期を経て起こるものもあり,疑わしい場合は放射線腫瘍医を交えての正確な病態の把握がまず必要である。後期有害事象には有効な治療法がないものもあるが,ステロイドや高気圧酸素療法などが有効な場合もあり,適切な判断と対処が重要である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻1号 2014年1月号トップへ

【特集】がんサーバイバーの諸問題(長期)

▶放射線療法後の諸問題…唐澤久美子

このページの先頭へ