現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


サバイバーによるピアサポート普及の課題

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10966_13
著者:
川上 祥子、柳澤 昭浩、小西 敏郎、岩瀬 哲
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.17MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Agenda for Dissemination of Peer Support by Cancer Survivors

Summary
 The 2012 revision of the Basic Plan to Promote Cancer Control Programs explicitly recommends the enhancement of peer support. As of October 2013, only 20% of all designated regional and prefectural core hospitals and centers for cancer care formally promote peer support. Accordingly, the national government has been organizing training courses on peer support. Even so, peer support is not readily available.
 CancerNet Japan, a non-profit organization, has organized a peer support system at four designated cancer care hospitals in the Kanagawa prefecture, in association with the government. Peer supporters are breast cancer survivors who have completed the“Breast Cancer Survivor Coordinator Training Program,”a course organized by CancerNet Japan since 2007, and have been officially certified as coordinators after course completion. These peer supporters have not only learned from their own experience but have also studied scientific medical information on cancer. The manner in which supportive activities are conducted in these four hospitals varies according to environment; for example, a dedicated booth may be set up or a stand-by coordinator may be stationed in a dedicated support room. The most common issue dealt with was the fear expressed by patients or their families, and supporter responses were primarily to attentively listen to them.
 In this paper, we review our activities with regard to the following three areas of interest: ① intra-institutional coordination within each hospital, ② supporter-related issues, and ③ financial resources for efforts involved in the proposed structured peer support system to be adopted at a large number of hospitals nationwide.

要旨
 平成24年,がん対策推進基本計画の改訂で「ピアサポートの充実」が明記されたが,ピアサポートに取り組んでいるがん診療連携拠点病院は平成25年10月末現在,全体の20%程度にすぎない。国としてピアサポーターの研修の策定事業が進んではいるものの,ピアサポートの普及は不十分である。NPO法人キャンサーネットジャパンでは,平成22年より神奈川県と協働し,県内拠点病院4か所でピアサポート事業を展開してきた。事業に従事するピアサポーターは,キャンサーネットジャパンが乳がん体験者に向け平成19年から開設した講座,「乳がん体験者コーディネーター養成講座」を修了し,認定を受けた乳がん体験者であり,自らの体験だけではなく科学的根拠に基づくがん医療情報についても学習したサバイバーである。四つの病院での実施形態はブース設置型,支援室待機型など病院事情により様々であり,患者・家族からの相談内容は「不安」が最も多く,対応としては「傾聴」が多かった。本稿ではキャンサーネットジャパンが実施してきたピアサポート事業を振り返り,今後,全国の病院にピアサポートが事業として受け入れられるためには,① 病院内調整,② サポーターに関すること,③ 財源の三つの課題があると考察した。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻1号 2014年1月号トップへ

【特集】がんサーバイバーの諸問題(長期)

▶サバイバーによるピアサポート普及の課題…川上 祥子ほか

このページの先頭へ