現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


転移・再発GISTに対するImatinib Mesylateの治療成績

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10972_13
著者:
豊川貴弘、山下好人、山本篤、清水貞利、井上透、金澤景繁、塚本忠司、池原照幸、西口幸雄
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.15MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Clinical Experience of Imatinib Mesylate for Metastatic or Recurrent Gastrointestinal Stromal Tumor

Summary
 We examined the clinical results of 15 patients treated with imatinib mesylate for metastatic or recurrent gastrointestinal stromal tumors(GIST)at the Osaka City General Hospital. Treatment with imatinib was initiated at 400 mg daily; however, in case of severe adverse events, the dose was gradually reduced to 300 mg or 200 mg to reach a tolerable dose so that administration could be continued for as long as possible. Assessments were performed according to the Response Evaluation Criteria in Solid Tumors(RECIST)and Choi criteria. According to the assessment by the RECIST criteria, clinical response(CR)was observed in 1 patient; partial response(PR), in 5 patients; stable disease(SD), in 6 patients; and progressive disease(PD), in 3 patients; the response rate was 40%. However, as per the Choi criteria, CR was observed in 1 patient; PR, in 11 patients; SD, in 1 patient; and PD, in 2 patients; the response rate was 80%. The median period of progression-free survival was 2,031 days and the 5-year survival rate was 80.0%. Grade 3 or higher adverse reactions observed included leukopenia(1 case), neutropenia(2 cases), and anemia(1 case). In 6 patients(40%), the dose of imatinib was reduced to 300 mg or less; however, no significant difference in progression-free survival was observed between the 200/300 mg group and 400/800 mg group. Choi criteria are useful in assessing the response of advanced GIST to imatinib mesylate, and reducing the dose of imatinib mesylate to 200/300 mg daily might be sufficient for treating patients who experience severe adverse reactions.

要旨
 転移・再発GIST 15例に対して行ったimatinibの治療成績について検討した。imatinibは400 mgで投与開始し,治療効果の判定はRECISTおよびChoi基準で行った。RECIST基準による評価では奏効率は40%であったのに対して,Choi基準では奏効率は80%であった。無増悪生存期間中央値は2,031日で,5年生存率は80.0%であった。Grade 3以上の有害事象は白血球減少1例,好中球減少2例,貧血1例のみであった。6例(40%)において300 mg以下への減量を要したが,減量投与群と400/800 mg投与群で無増悪期間に差はなかった。GISTに対するimatinibの効果判定にはChoi基準は有用で,有害事象により継続困難な症例には減量投与でも十分な効果が得られる可能性が示唆された。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻1号 2014年1月号トップへ

【原著】

▶転移・再発GISTに対するImatinib Mesylateの治療成績…豊川 貴弘ほか

このページの先頭へ