現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


Oxaliplatinの計画的休薬期間を設けたFOLFOXによるStage Ⅲ大腸癌術後補助化学療法の検討

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10973_13
著者:
岡﨑慎史、菅原浩、橋爪英二、阿部美佐緒、萩原資久、相磯崇、白幡康弘、陳正浩、鈴木晃、栗谷義樹
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.17MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Compliance with FOLFOX4 for Stage Ⅲ Colon Cancer in the Adjuvant Setting

Summary
 Aims: The usefulness of oxaliplatin(L-OHP)as adjuvant chemotherapy for Stage Ⅲ colon cancer has been shown in clinical trials, such as the MOSAIC trial. The Leucovorin, fluorouracil, and oxaliplatin(FOLFOX)regimen has been recommended as adjuvant chemotherapy for colorectal cancer in Japan. In the MOSAIC trial, 74.7% of patients completed all planned treatment cycles. Neurological toxicity caused by L-OHP is one of the factors for discontinuing treatment. Therefore, we planned to administer FOLFOX4 as postoperative adjuvant chemotherapy and evaluated the safety and feasibility of this regimen. Methods: From November 2009, 13 patients with Stage Ⅲ colon cancer who had undergone complete resection of a primary tumor were enrolled. Patients received 4 cycles of FOLFOX4, followed by 4 cycles of the simplified fluorouracil and Leucovorin(LV5FU2)regimen and 4 additional cycles of FOLFOX4(12 cycles in total). Results: Thirteen patients were treated with our FOLFOX4 regimen. In total, 11 patients(84.6%)completed all 12 planned treatment cycles. The median L-OHP dose per patient was 560 mg/m2(compared with the per-protocol 12-cycle dose of 680 mg/m2). Grade 1 neurological toxicity during treatment was reported in 10 patients(76.9%). Neurological toxicity was reduced during the 4 cycles without L-OHP. Conclusion: Our FOLFOX4 regimen showed reduced neurological toxicity compared to other trials and can be used safely.

要旨
 目的: Stage Ⅲ結腸癌の術後補助化学療法におけるoxaliplatin(L-OHP)の有用性が示され,本邦でも術後補助化学療法としてFOLFOX療法が推奨されている。しかし,L-OHP用量依存性に生じる末梢神経障害は治療継続の大きな妨げになっている。そこで実地医療での有用性を期待し,計画的にL-OHP休薬期間を設けたFOLFOX療法を施行し,安全性・治療継続性を評価した。方法: Stage Ⅲ大腸癌13例に対し,術後補助化学療法としてFOLFOX4療法4サイクル,持続5-FU/LV療法4サイクル,FOLFOX4療法4サイクルの計12サイクルを施行した。結果: 11例(84.6%)が本療法を完遂した。軽度の末梢神経障害を10例(76.9%)に認めたが,L-OHP休薬期間中は軽減していた。結語: 本療法は従来のFOLFOX療法と比較して,神経障害が軽微で安全性・治療継続性の高い療法であると考えられた。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻1号 2014年1月号トップへ

【原著】

▶Oxaliplatinの計画的休薬期間を設けたFOLFOXによるStage Ⅲ大腸癌術後補助化学療法の検討…岡﨑 慎史ほか

このページの先頭へ