現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


下顎歯肉癌術後のS-1隔日経口投与中に認められた著しい皮疹の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10977_13
著者:
山下 佳雄、中山 雪詩、後藤 昌昭
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
4ペ-ジ
ファイル容量:
1.23MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Appearance of a Prominent Rash in Response to Alternate-Day S-1 Administration as Adjuvant Chemotherapy for Lower Gingival Cancer

Summary
 We report the development of a prominent rash in response to alternate-day S-1 administration in a patient with oral cancer. The patient was a 75-year-old woman with left-side lower gingival cancer(T4N1M0). After chemoradiotherapy, the patient underwent radical surgery. She was treated with oral S-1, administered on alternate days at a dosage of 80 mg/day(orally, twice per day), as postoperative adjuvant chemotherapy. Edematous erythema, accompanied by strong itching and paraesthesia, appeared focally on the face and the limbs 1 month after beginning S-1 treatment. Since the rash was determined to be drug-induced, S-1 administration was stopped, and steroid, antihistamine, and topical steroid treatment was initiated. The symptoms gradually improved, and the rash disappeared without recurrence approximately 1 month later. Although alternate-day administration is considered to be a safe and effective method to administer S-1 oral therapy, it should be noted that cutaneous symptoms might appear after a fixed dosage is exceeded.

要旨
 S-1隔日投与中に著しい皮疹を認めた口腔癌症例を経験したので報告する。症例は75歳,女性。左側下顎歯肉癌(T4N1M0)の診断にて術前放射線併用化学療法を施行後に根治的切除を行った症例である。術後補助化学療法としてS-1隔日経口投与法(80 mg/day,1日2回,隔日投与)を開始した。治療開始1か月後に顔面,四肢を中心に強い【騒】痒感を伴った浮腫性紅斑が出現した。S-1による薬疹と判断しS-1内服を中止し,ステロイド剤ならびに抗ヒスタミン剤内服と局所ステロイド療法を開始した。徐々に症状は改善し約1か月後に皮疹は消退し,再燃なく経過している。隔日投与は安全かつ有用なS-1の経口投与法であるが,一定量を超えると皮膚症状が出現する場合があることを認識しておく必要がある。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻1号 2014年1月号トップへ

【症例】

▶下顎歯肉癌術後のS-1隔日経口投与中に認められた著しい皮疹の1例…山下 佳雄ほか

このページの先頭へ