現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


癌性心タンポナーデを良好にコントロールし得た再発乳癌の2例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10979_13
著者:
濱中 洋平、角川陽一郎
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.11MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Recurrent Breast Cancer in Patients with Controlled Malignant Cardiac Tamponade―Two Case Reports

Summary
 The first case involves a 50-year-old woman who had undergone total mastectomy of the left breast due to breast cancer. Two years after the surgery, recurrent disease was detected in the chest wall, which spread to the cervical lymph nodes and bones. After 5 years, the patient developed cardiac tamponade; 760 mL of fluid was removed via percutaneous pericardial drainage, and the pericardium was subsequently injected with OK-432 and adriamycin. No recurring pericardial effusion was noted in the 20-month period before her death. The second case involves a 67-year-old woman. Six years after she underwent a breast-preserving surgery of the left breast, bone metastasis was detected at multiple sites. The patient then developed cardiac tamponade after 11 years; after 900 mL of fluid was drained via percutaneous pericardial drainage, the catheter was removed and no injection was administered. Moreover, no recurring pericardial effusion was noted in the 2-month period before her death.

要旨
 症例1は50歳,女性。左乳癌に対する左全乳房切除術の2年後に胸壁再発し,その後左頸部リンパ節と左大腿骨に転移し,5年後に心タンポナーデを発症した。経皮的心嚢ドレナージにより760 mLの淡血性心嚢液を排出し,心嚢腔にOK-432とアドリアマイシンを注入した。以後永眠される1年8か月間,心嚢液の再貯留はみられなかった。症例2は67歳,女性。左乳癌に対する左乳房温存手術の6年後に多発骨転移が出現し,11年後に心タンポナーデを発症した。経皮的心嚢ドレナージにより900 mLの淡血性心嚢液を排出し,心嚢腔に薬剤を注入せずにカテーテルを抜去した。以後永眠される2か月間,心嚢液の再貯留はみられなかった。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻1号 2014年1月号トップへ

【症例】

▶癌性心タンポナーデを良好にコントロールし得た再発乳癌の2例…濱中 洋平ほか

このページの先頭へ