現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。

透析室検査マニュアル 第1版1刷

電子書籍販売価格(税込):
3,024

商品コード:
10098_13
著者:
丹羽利充
出版社:
日本医学出版 出版社HP
発行:
2010年
ページ数:
200ペ-ジ
ファイル容量:
1.40MB


電子書籍閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末

内容紹介

本書は透析室の臨床検査,さらに透析・腎不全に関連した診療ガイドラインおよび医薬品の最新の情報を提供。日々の医学の発展は目覚しく,最新の情報をもとに生活を自己管理する必要があり,透析室検査データの正確な解釈のために検査項目について透析患者さんに特有な傾向,検査の意義,管理目標値などをまとめた。読者対象は透析室メディカルスタッフ、透析患者さん。

目次

検査項目
【血液】
1. 赤血球(RBC),ヘモグロビン(Hb)ヘマトクリット(Ht)
2. 網赤血球
3. 白血球(WBC),末梢血液像
4. 血小板

【凝固線溶】
5. 出血時間
6. 凝固時間
7. プロトロンビン時間(PT)
8. 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)
9. トロンボテスト(TT)
10. フィブリノーゲン
11. FDP
12. D-ダイマー
13. アンチトロンビンⅢ(AT Ⅲ)

【血液ガス】
14. 血液ガス(pH,PaO 2,SaO 2,PaCO 2,HCO 3-,BE)

【電解質・微量元素】
15. ナトリウム(Na)
16. クロール(Cl)
17. カリウム(K)
18. カルシウム(Ca)
19. リン(P)
20. マグネシウム(Mg)
21. アルミニウム(Al)
22. 亜鉛(Zn)

【蛋白質・アミノ酸代謝】
23. 総蛋白(TP)
24. 蛋白分画
25. アルブミン
26. プレアルブミン(トランスサイレチン)
27. 膠質反応(ZTT,TTT)
28. 心筋トロポニンT
29. β2-ミクログロブリン(β2-m)
30. シスタチンC
31. 尿素窒素(UN)
32. クレアチニン(Cr),クレアチニンクリアランス(Ccr),
糸球体濾過量(GFR)
33. 尿酸
34. インドキシル硫酸
35. ホモシステイン
36. アンモニア

【酵素】
37. AST(GOT)(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)
38. ALT(GPT)(アラニンアミノトランスフェラーゼ)
39. LDH(乳酸脱水素酵素)
40. ALP(アルカリフォスファターゼ)
41. γ-GTP(γ-グルタミールトランスペプチダーゼ)
42. LAP(ロイシンアミノペプチダーゼ)
43. ChE(コリンエステラーゼ)
44. CK(クレアチンキナーゼ)
45. アミラーゼ

【糖代謝】
46. グルコース(血糖)
47. 経口グルコース負荷試験(75 g OGTT),インスリン分泌指数,
インスリン抵抗性の指標(HOMA-R)
48. ヘモグロビンA1c(HbA1c)
49. 1,5-アンヒドログルシトール(1,5-AG)
50. グリコアルブミン
51. C-ペプチド(CPR)
52. インスリン(IRI)
53. インスリン抗体
54. 抗GAD抗体
55. ペントシジン,カルボキシメチルリシン(CML)

【脂質代謝】
56. LDL-コレステロール(LDL-C),総コレステロール(TC)
57. HDL-コレステロール(HDL-C)
58. トリグリセリド(TG)
59. 遊離脂肪酸(FFA)
60. β-リポ蛋白
61. リポ蛋白分画
62. リポ蛋白(a)[Lp(a)]
63. アポ蛋白
64. レムナント様リポ蛋白-コレステロール(RLP-C)
65. ビリルビン

【ビタミン】
66. ビタミンB 12
67. 葉酸

【鉄代謝】
68. 鉄(Fe)
69. 不飽和鉄結合能(UIBC),総鉄結合能(TIBC)
70. トランスフェリン(Tf)
71. フェリチン

【骨代謝】
72. PTH(副甲状腺ホルモン)
73. PTHrP(副甲状腺ホルモン関連蛋白)
74. カルシトニン
75. 1,25(- OH)2-ビタミンD 3
76. オステオカルシン(BGP)
77. 骨型ALP(BAP)

【甲状腺】
78. T 3(トリヨードサイロニン),FT 3(遊離トリヨードサイロニン)
79. T 4(サイロキシン),FT 4(遊離サイロキシン)
80. TSH(甲状腺刺激ホルモン)

【その他内分泌】
81. ANP(HANP),BNP
82. エリスロポエチン(EPO)
83. レニン
84. アルドステロン

【炎症】
85. 血沈(ESR)
86. CRP(C反応性蛋白)

【免疫】
87. 免疫グロブリン(IgG,IgA,IgM,IgD,IgE)
88. 血清補体価(CH 50),C 3,C 4
89. リウマトイド因子(RF)
90. 抗環状シトルリン化ペプチド(CCP)抗体
91. 抗核抗体
92. 抗好中球細胞質抗体(ANCA)
93. 抗リン脂質抗体

【感染症・ウイルス】
94. A型肝炎ウイルス抗体(HA抗体)
95. B型肝炎ウイルス抗原・抗体
(HBs抗原・抗体,HBe抗原・抗体,HBc抗体)
96. C型肝炎ウイルス抗体(HCV抗体)
97. HIV抗体,HTLV-1抗体
98. 梅毒
99. ヘリコバクターピロリ
100. 結核

【腫瘍マーカー】
101. α-フェトプロテイン(AFP)
102. 癌胎児性抗原(CEA)
103. CA19-9
104. 前立腺特異抗原(PSA)
105. CA-125

【その他】
106. エンドトキシン
107. 便潜血反応

診療ガイドライン
1. 慢性腎臓病(CKD)の定義とステージ分類(NKF K/DOQI 2002)
2. CKD診療ガイド(日本腎臓学会2009)
3. CKD診療ガイド 高血圧編(日本腎臓学会2008)
4. 透析導入基準
5. 身体障害者障害程度等級解説-腎臓機能障害
6. 慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン(日本透析医学会2008)
7. 透析患者における二次性副甲状腺機能亢進症治療ガイドライン(日本透析医学会2006)
8. K/DOQIの脂質異常症管理ガイドライン(NKF K/DOQI 2003)
9. 動脈硬化性疾患予防ガイドライン(日本動脈硬化学会2007)

話題の医薬品
1. 尿毒症毒素治療薬:球形吸着炭(クレメジン)
2. 腎性貧血治療薬(ヒトエリスロポエチン製剤):エポエチンアルファ(エスポー)
3. 腎性貧血治療薬(ヒトエリスロポエチン製剤):エポエチンベータ(エポジン)
4. 腎性貧血治療薬(持続型赤血球造血刺激因子製剤):ダルベポエチンアルファ(ネスプ)
5. 活性型ビタミンD3製剤:アルファカルシドール(アルファロール,ワンアルファ)
6. 活性型ビタミンD3製剤:カルシトリオール(ロカルトロール)
7. 活性型ビタミンD3製剤:マキサカルシトール(オキサロール)
8. 活性型ビタミンD3製剤:ファレカルシトリオール(フルスタン,ホーネル)
9. カルシウム受容体作動薬:シナカルセト塩酸塩(レグパラ)
10. 高リン血症治療薬:セベラマー塩酸塩(レナジェル,フォスブロック)
11. 高リン血症治療薬:沈降炭酸カルシウム(カルタン)
12. 高リン血症治療薬:炭酸ランタン水和物(ホスレノール)
13. 高カリウム血症治療薬:ポリスチレンスルホン酸ナトリウム(ケイキサレート)
14. 高カリウム血症治療薬:ポリスチレンスルホン酸カルシウム(カリメート散,カリメートドライシロップ92.59%,アーガメイト20%ゼリー25 g)
15. 血液凝固阻止薬:ダルテパリンナトリウム(フラグミン)
16. 蛋白分解酵素阻害薬:ナファモスタットメシル酸塩(フサン)
17. ノルアドレナリン作動性神経機能改善薬:ドロキシドパ(ドプス)
18. 経口《瘙》痒症改善薬:ナルフラフィン塩酸塩(レミッチ)検査項目
【血液】
1. 赤血球(RBC),ヘモグロビン(Hb)ヘマトクリット(Ht)
2. 網赤血球
3. 白血球(WBC),末梢血液像
4. 血小板

【凝固線溶】
5. 出血時間
6. 凝固時間
7. プロトロンビン時間(PT)
8. 活性化部分トロンボプラスチン時間(APTT)
9. トロンボテスト(TT)
10. フィブリノーゲン
11. FDP
12. D-ダイマー
13. アンチトロンビンⅢ(AT Ⅲ)

【血液ガス】
14. 血液ガス(pH,PaO 2,SaO 2,PaCO 2,HCO 3-,BE)

【電解質・微量元素】
15. ナトリウム(Na)
16. クロール(Cl)
17. カリウム(K)
18. カルシウム(Ca)
19. リン(P)
20. マグネシウム(Mg)
21. アルミニウム(Al)
22. 亜鉛(Zn)

【蛋白質・アミノ酸代謝】
23. 総蛋白(TP)
24. 蛋白分画
25. アルブミン
26. プレアルブミン(トランスサイレチン)
27. 膠質反応(ZTT,TTT)
28. 心筋トロポニンT
29. β2-ミクログロブリン(β2-m)
30. シスタチンC
31. 尿素窒素(UN)
32. クレアチニン(Cr),クレアチニンクリアランス(Ccr),
糸球体濾過量(GFR)
33. 尿酸
34. インドキシル硫酸
35. ホモシステイン
36. アンモニア

【酵素】
37. AST(GOT)(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)
38. ALT(GPT)(アラニンアミノトランスフェラーゼ)
39. LDH(乳酸脱水素酵素)
40. ALP(アルカリフォスファターゼ)
41. γ-GTP(γ-グルタミールトランスペプチダーゼ)
42. LAP(ロイシンアミノペプチダーゼ)
43. ChE(コリンエステラーゼ)
44. CK(クレアチンキナーゼ)
45. アミラーゼ

【糖代謝】
46. グルコース(血糖)
47. 経口グルコース負荷試験(75 g OGTT),インスリン分泌指数,
インスリン抵抗性の指標(HOMA-R)
48. ヘモグロビンA1c(HbA1c)
49. 1,5-アンヒドログルシトール(1,5-AG)
50. グリコアルブミン
51. C-ペプチド(CPR)
52. インスリン(IRI)
53. インスリン抗体
54. 抗GAD抗体
55. ペントシジン,カルボキシメチルリシン(CML)

【脂質代謝】
56. LDL-コレステロール(LDL-C),総コレステロール(TC)
57. HDL-コレステロール(HDL-C)
58. トリグリセリド(TG)
59. 遊離脂肪酸(FFA)
60. β-リポ蛋白
61. リポ蛋白分画
62. リポ蛋白(a)[Lp(a)]
63. アポ蛋白
64. レムナント様リポ蛋白-コレステロール(RLP-C)
65. ビリルビン

【ビタミン】
66. ビタミンB 12
67. 葉酸

【鉄代謝】
68. 鉄(Fe)
69. 不飽和鉄結合能(UIBC),総鉄結合能(TIBC)
70. トランスフェリン(Tf)
71. フェリチン

【骨代謝】
72. PTH(副甲状腺ホルモン)
73. PTHrP(副甲状腺ホルモン関連蛋白)
74. カルシトニン
75. 1,25(- OH)2-ビタミンD 3
76. オステオカルシン(BGP)
77. 骨型ALP(BAP)

【甲状腺】
78. T 3(トリヨードサイロニン),FT 3(遊離トリヨードサイロニン)
79. T 4(サイロキシン),FT 4(遊離サイロキシン)
80. TSH(甲状腺刺激ホルモン)

【その他内分泌】
81. ANP(HANP),BNP
82. エリスロポエチン(EPO)
83. レニン
84. アルドステロン

【炎症】
85. 血沈(ESR)
86. CRP(C反応性蛋白)

【免疫】
87. 免疫グロブリン(IgG,IgA,IgM,IgD,IgE)
88. 血清補体価(CH 50),C 3,C 4
89. リウマトイド因子(RF)
90. 抗環状シトルリン化ペプチド(CCP)抗体
91. 抗核抗体
92. 抗好中球細胞質抗体(ANCA)
93. 抗リン脂質抗体

【感染症・ウイルス】
94. A型肝炎ウイルス抗体(HA抗体)
95. B型肝炎ウイルス抗原・抗体
(HBs抗原・抗体,HBe抗原・抗体,HBc抗体)
96. C型肝炎ウイルス抗体(HCV抗体)
97. HIV抗体,HTLV-1抗体
98. 梅毒
99. ヘリコバクターピロリ
100. 結核

【腫瘍マーカー】
101. α-フェトプロテイン(AFP)
102. 癌胎児性抗原(CEA)
103. CA19-9
104. 前立腺特異抗原(PSA)
105. CA-125

【その他】
106. エンドトキシン
107. 便潜血反応

診療ガイドライン
1. 慢性腎臓病(CKD)の定義とステージ分類(NKF K/DOQI 2002)
2. CKD診療ガイド(日本腎臓学会2009)
3. CKD診療ガイド 高血圧編(日本腎臓学会2008)
4. 透析導入基準
5. 身体障害者障害程度等級解説-腎臓機能障害
6. 慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン(日本透析医学会2008)
7. 透析患者における二次性副甲状腺機能亢進症治療ガイドライン(日本透析医学会2006)
8. K/DOQIの脂質異常症管理ガイドライン(NKF K/DOQI 2003)
9. 動脈硬化性疾患予防ガイドライン(日本動脈硬化学会2007)

話題の医薬品
1. 尿毒症毒素治療薬:球形吸着炭(クレメジン)
2. 腎性貧血治療薬(ヒトエリスロポエチン製剤):エポエチンアルファ(エスポー)
3. 腎性貧血治療薬(ヒトエリスロポエチン製剤):エポエチンベータ(エポジン)
4. 腎性貧血治療薬(持続型赤血球造血刺激因子製剤):ダルベポエチンアルファ(ネスプ)
5. 活性型ビタミンD3製剤:アルファカルシドール(アルファロール,ワンアルファ)
6. 活性型ビタミンD3製剤:カルシトリオール(ロカルトロール)
7. 活性型ビタミンD3製剤:マキサカルシトール(オキサロール)
8. 活性型ビタミンD3製剤:ファレカルシトリオール(フルスタン,ホーネル)
9. カルシウム受容体作動薬:シナカルセト塩酸塩(レグパラ)
10. 高リン血症治療薬:セベラマー塩酸塩(レナジェル,フォスブロック)
11. 高リン血症治療薬:沈降炭酸カルシウム(カルタン)
12. 高リン血症治療薬:炭酸ランタン水和物(ホスレノール)
13. 高カリウム血症治療薬:ポリスチレンスルホン酸ナトリウム(ケイキサレート)
14. 高カリウム血症治療薬:ポリスチレンスルホン酸カルシウム(カリメート散,カリメートドライシロップ92.59%,アーガメイト20%ゼリー25 g)
15. 血液凝固阻止薬:ダルテパリンナトリウム(フラグミン)
16. 蛋白分解酵素阻害薬:ナファモスタットメシル酸塩(フサン)
17. ノルアドレナリン作動性神経機能改善薬:ドロキシドパ(ドプス)
18. 経口《瘙》痒症改善薬:ナルフラフィン塩酸塩(レミッチ)
このページの先頭へ