現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


GISTの肝・骨転移にイマチニブが著効した1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10981_13
著者:
村上 昌裕、戎井 力、岡田 一幸、岡村 修、村田 幸平、中込 奈美、玉井 正光、衣田 誠克
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
3ペ-ジ
ファイル容量:
1.15MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Liver and Bone Metastasis from Gastrointestinal Stromal Tumor Treated Using Imatinib

Summary
 A 71-year-old man with an unspecified gastric tumor had undergone gastrectomy 15 years previously, and in 2012, positron emission tomography-computed tomography(PET-CT)showed the presence of a bulky tumor located in the right hepatic liver and multiple bone metastases. Although it was unclear whether the tumor was primary or metastatic, liver biopsy was performed. Immunostaining revealed that the lesions were positive for c-kit, and therefore, these lesions were diagnosed as liver and bone metastases from gastric gastrointestinal stromal tumor(GIST). Chemotherapy with imatinib was initiated. PET-CT performed after 3 months revealed a marked decrease in fluorodeoxyglucose(FDG)accumulation. The patient is alive at present with no recurrence. Key words: GIST, Imatinib, Liver metastasis, Bone metastasis(Received Mar. 6, 2013/Accepted May 20, 2013)

要旨
 症例は71歳,男性。飲酒歴や肝炎の既往なし。15年前,胃腫瘍に対して胃部分切除術を施行。2012年,肝腫大を指摘され当院を受診。PETで肝右葉の巨大腫瘍や多発する骨へのFDG異常集積を認め,肝生検の免疫染色でKITが陽性となり,GISTの肝・骨転移と診断された。イマチニブ投与を開始し,3か月後のPETで著明な集積の改善を認めた。現在も再発なく,外来で治療継続中である。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻1号 2014年1月号トップへ

【症例】

▶GISTの肝・骨転移にイマチニブが著効した1例…村上 昌裕ほか

このページの先頭へ