現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


原発巣切除・全身化学療法後に肝転移巣切除を施行した上行結腸内分泌細胞癌の1例

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10983_13
著者:
山梨 高広、西 知彦、山本 立真、鳥海 史樹、越田 佳朋、向井 清、下山 豊
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.35MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

A Case of Endocrine Cell Carcinoma of the Ascending Colon with Liver Metastasis Treated with Hepatectomy after Excision of the Primary Lesion and Systemic Chemotherapy

Summary
 A 77-year-old man who complained of melena was admitted to our department. Colonoscopy revealed a type 2 tumor in the hepatic flexure of the ascending colon. Biopsy examination revealed a poorly differentiated adenocarcinoma. Abdominal computed tomography(CT)revealed 3 tumors within the posterior segment of the right hepatic lobe. Initially, a right hemicolectomy was performed. Immunohistochemically, the tumor was diagnosed as an endocrine cell carcinoma. After surgery, a capecitabine, oxaliplatin, and bevacizumab(CapeOX/BEV)regimen was administered. However, after 5 chemotherapy courses, abdominal CT revealed enlargement of the 3 tumors in the posterior segment of the right hepatic lobe. There was no metastasis besides the liver metastasis. The patient underwent a radical hepatectomy of the posterior segment. At 8 months post-surgery, the patient remains alive and well. Endocrine cell carcinoma of the colon and rectum is usually malignant and is associated with a very poor prognosis because of rapid hematogenous or lymphogenous metastasis. Effective multimodal treatment regimens, including surgery and new chemotherapies such as molecular targeted therapies, should be established to improve the prognosis of patients with endocrine cell carcinomas of the colon and rectum.

要旨
 症例は77歳,男性。主訴は下血であった。下部消化管内視鏡検査で上行結腸肝弯曲部近傍に2型腫瘍を認め,生検で低分化腺癌と診断された。腹部CT上,肝右葉後区域に3個の肝転移が認められたが,まず結腸右半切除術を施行した。その後,切除標本の病理組織学的検査で内分泌細胞癌と確診された。術後,CapeOX/BEV(oxaliplatin,capecitabine,bevacizumab)療法による全身化学療法を5コース施行したが,肝転移の増大を認めた。ただし,新規病変の出現が認められなかったため,治癒切除可能と判断して肝後区域切除術を行った。術後経過は良好で,初回手術後8か月の現在,無再発生存中である。大腸内分泌細胞癌は早期より血行性・リンパ行性転移を来す生物学的悪性度の高い腫瘍であり,予後は極めて不良である。予後改善のためには外科的治療だけではなく,分子標的治療薬を含む新たな全身化学療法を組み合わせた集学的治療の確立が望まれる。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻1号 2014年1月号トップへ

【症例】

▶原発巣切除・全身化学療法後に肝転移巣切除を施行した上行結腸内分泌細胞癌の1例…山梨 高広ほか

このページの先頭へ