現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


腫瘍崩壊症候群と診療ガイドライン

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10991_13
著者:
石澤 賢一
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.24MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Tumor Lysis Syndrome and Clinical Guidelines

Summary
 Tumor lysis syndrome(TLS)is a life-threatening metabolic abnormality caused by the massive and abrupt release of tumor cell components into the blood. TLS can be classified as laboratory TLS(LTLS)or clinical TLS(CTLS). LTLS is characterized by 2 or more of the following metabolic abnormalities: hyperuricemia, hyperkalemia, and hyperphosphatemia. CTLS comprises LTLS in addition to 1 or more of the following symptoms: renal insufficiency, cardiac arrhythmia/sudden death, and seizures. The prevention and treatment of TLS includes rigorous hydration, hyperuricemia management, and frequent monitoring of electrocytes and correction of electrolyte abnormalities. Rasburicase, a recombinant urate oxidase, can rapidly reverse hyperuricemia. With the introduction of rasburicase in clinical practice, a clinical practice guideline has been released and a recommended risk assessment method and prophylaxis have been advocated. This guideline can be applied uniformly to all patients, not only those with hematological malignancies, but also those with solid tumors. However, the medical environment is changing, with the introduction of a large number of molecular targeted drugs in clinical practice. In the rasburicase era, the serum phosphate concentration will become the most important risk factor associated with CTLS. This guideline will have to be re-evaluated in the near future.

要旨
 腫瘍崩壊症候群(TLS)は,腫瘍の急速な破壊により細胞内容物が大量に血中に放出されることにより惹起される致死的な代謝異常である。TLSはlaboratory TLS(LTLS)とclinical TLS(CTLS)に分類される。LTLSは,高尿酸血症,高カリウム血症,高リン血症のうち二つ以上が認められる状態である。CTLSはLTLSに加え,腎不全,不整脈,突然死,痙攣が出現した状態である。TLSの予防と治療法は,大量補液,高尿酸血症の管理,電解質の頻回のモニタリングと異常の補正である。ラスブリカーゼは,遺伝子組換え型のウレートオキシダーゼであり速やかな尿酸の正常化が可能である。ラスブリカーゼの臨床導入に伴い,診療ガイドラインが公表され,推奨されるリスク評価法,予防法が提唱された。このガイドラインは,造血器腫瘍症例のみならず固形がんの症例にも適応可能である。しかし分子標的薬の広範な臨床導入などにより,医療環境は大きく変化しつつある。またラスブリカーゼの使用により,リン酸の血中濃度がCTLSの最も重要なリスク因子となる。近い将来,ガイドラインの再評価が必要となるであろう。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻2号 2014年2月号トップへ

【総説】

▶腫瘍崩壊症候群と診療ガイドライン…石澤 賢一

このページの先頭へ