現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


悪性神経膠腫に対する抗血管新生療法と課題

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10992_13
著者:
永根 基雄
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
7ペ-ジ
ファイル容量:
1.30MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Anti-Angiogenic Therapy for Malignant Glioma

Summary
 Glioblastoma(GBM)is the most malignant and frequent primary brain tumor. The current standard of care consists of maximum safe resection and radiotherapy with concomitant and subsequent temozolomide(TMZ)treatment. With this treatment plan, the prognosis of patients with GBM remains dismal, with a 5-year survival rate of<10%; thus development of effective, novel therapies is needed. Bevacizumab(Bev, Avastin®)is a humanized monoclonal antibody against vascular endothelial growth factor(VEGF), one of the major potent angiogenic factors for the growth of human cancers, including GBM. Bev has been shown to effectively shrink enhancing lesions of recurrent GBM and decrease symptom burden and brain edema. These positive results led to its approval for malignant glioma treatment in June 2013 in Japan. Two double-blind, placebo-controlled, randomized phase Ⅲ studies of Bev in newly diagnosed GBM were conducted to verify its efficacy as a first-line therapy used in combination with TMZ. The results, which were reported at the American Society for Clinical Oncology(ASCO)meeting in June 2013, failed to show an increase in overall survival, despite prolongation in progression-free survival. These results led to many unsolved issues regarding the use of Bev for the treatment of GBM. We discuss these problems in this paper and highlight our institutional experience with Bev monotherapy for recurrent high-grade gliomas.

要旨
 膠芽腫は最も悪性度が高く,高頻度にみられる原発性悪性脳腫瘍の代表疾患であるが,標準治療薬であるテモゾロミド(temozolomide: TMZ)を用いた集学的治療によっても依然極めて予後不良な致死的疾患であり,新規の有効な治療薬の開発は喫緊の課題である。ベバシズマブ(bevacizumab: Bev,Avastin®)は腫瘍の増殖に必要な血管新生に重要な役割を果たす血管内皮細胞増殖因子(vascular endothelial growth factor: VEGF)に対するヒト化モノクローナル抗体であり,膠芽腫に対し良好な病巣縮小効果および症状緩和効果が認められたことから,2013年6月に本邦でも悪性神経膠腫に対し適応拡大となった新規の分子標的治療薬である。2013年の米国臨床腫瘍学会で初発膠芽腫に対する二つの第Ⅲ相試験の結果が報告されたが,全生存期間の延長は認められず,Bevの使用時期を含め,多くの問題点が指摘されている。本稿では,当施設での再発膠芽腫に対するBev治療経験を含め,これら悪性神経膠腫に対するBev療法の課題を論説する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻2号 2014年2月号トップへ

【特集】血管新生を標的としたがん治療の現況と展望

▶悪性神経膠腫に対する抗血管新生療法と課題…永根 基雄

このページの先頭へ