現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


婦人科がん

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10995_13
著者:
杉山 徹、竹内 聡、深川 智之
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
5ペ-ジ
ファイル容量:
1.05MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Gynecologic Cancer

Summary
 Angiogenesis is required for cancer growth. To promote vascular sprouting, an angiogenic switch is flipped that up-regulates factors such as vascular endothelial growth factor(VEGF), fibroblast growth factor(FGF), and angiopoietins, and down- regulates antiangiogenic factors such as thrombospondin-1 and angiostatin. Accumulating evidence supports the concept that angiogenesis plays a central role in ovarian and cervical carcinogenesis and disease progression. Two phase Ⅲ randomized trials have been published that evaluated the addition of bevacizumab to standard chemotherapy as the front-line treatment of advanced ovarian cancer. Additional trials have evaluated the combination of bevacizumab with chemotherapy in platinum-sensitive and platinum-resistant recurrent disease. All these trials showed a statistically significant improvement in progression-free survival(PFS), although no improvement in overall survival(OS)has been reported. Based on these data, bevacizumab was recently approved for the treatment of ovarian cancer in Japan and Europe. Bevacizumab plus chemotherapy significantly improves the OS in patients with stage ⅣB, recurrent or persistent cervical carcinoma. The improvement in OS with bevacizumab treatment was not accompanied by a decrease in the quality of life(QOL). Bevacizumab is the first targeted agent to improve OS in gynecologic cancer.

要旨
 卵巣がんは「VEGF-driven cancer」とも称されるほどVEGF系に依存しているがため,血管新生阻害薬への期待は高い。血管新生には複合的プロセスが必要であり,VEGF系に加え,血小板由来増殖因子(PDGF)や線維芽細胞増殖因子(FGF)受容体,angiopoietin 1/2-Tie2受容体へのシグナル伝達経路などが重要であり,研究が加速している。bevacizumab(Bev)は初回術後治療では二つのTC療法と併用・維持療法でのランダム化試験(RCT),プラチナ感受性・耐性再発卵巣ではそれぞれ一つのRCTにおいて優れた成績が報告されている。これらの結果により,欧州では卵巣がん初回・再発治療に認可された。日本でもGOG218への医師主導治験に基づき2013年11月に承認された。子宮頸部扁平上皮癌においてはHPV type 16のE6/E7蛋白が発がんに関与しているとともに,血管新生因子の一つであるVEGF系の発現亢進に関与している。Bevと化学療法との併用により有意なPFSの改善が認められた。さらに,婦人科領域で初めてOS改善が認められた臨床的意義が大きい。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻2号 2014年2月号トップへ

【特集】血管新生を標的としたがん治療の現況と展望

▶婦人科がん…杉山 徹ほか

このページの先頭へ