現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


肺癌における血管新生阻害剤

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10996_13
著者:
和久田一茂、高橋 利明
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
10ペ-ジ
ファイル容量:
1.07MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Anti-Angiogenic Agents of Lung Cancer

Summary
 Angiogenesis plays an important role in tumor growth; therefore, inhibition of angiogenesis is considered a promising treatment strategy. Many signaling pathways, such as the vascular endothelial growth factor(VEGF)pathway, the Notch pathway, and the integrin pathway, are associated with each other in a complex manner; the VEGF signaling pathway plays a central role in angiogenesis.
 Bevacizumab is a humanized monoclonal antibody that specifically targets VEGF-A. Two large phaseⅢ trials, ECOG4599 and the AVAiL study, showed that bevacizumab combined with chemotherapy improves the outcome of patients with nonsquamous non-small cell lung cancer. Based on these results, bevacizumab is currently the only anti-angiogenic agent approved as the first-line of treatment for advanced nonsquamous non-small cell lung cancer in Japan. Many anti-angiogenic agents are currently in clinical development for the treatment of non-small cell lung cancer. These agents show antitumor activity by binding to a ligand and inhibiting the activation of receptor tyrosine kinases. However, bevacizumab is currently the only agent that extends overall survival.
 This review mainly discusses the results of a recent phaseⅢtrial with bevacizumab. We also discuss the results of a recent trial with new anti-angiogenic agents.

要旨
 血管新生は腫瘍の発育において重要な役割を担っており,血管新生を阻害することは腫瘍に対する治療戦略の一つと考えられている。VEGF経路,Notch経路,integrin経路などの多くのシグナル経路が複雑に関連しながら血管新生は起こり,VEGF経路は血管新生において中心的な役割を担っている。bevacizumab(Bev)はVEGF-Aに特異的なヒト化モノクローナル抗体である。ECOG4599,AVAiLの二つの大規模第Ⅲ相試験の結果,化学療法にBevを併用することで,非扁平上皮非小細胞肺癌患者の予後が改善することが示された。これらの結果を受けてBevは,進行非扁平上皮非小細胞肺癌に対する初回治療として,わが国で唯一承認されている血管新生阻害剤となった。現在,非小細胞肺癌において多くの血管新生阻害剤が開発されており,これらの薬剤はリガンドと結合することで,または受容体のチロシンキナーゼ活性を阻害することで抗腫瘍効果を発揮する。しかしながら,現時点では全生存期間を有意に延長した薬剤は,Bevを除いて存在しない。この稿では主にBevの第Ⅲ相試験について述べ,一部,新規血管新生阻害剤についても記載する。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻2号 2014年2月号トップへ

【特集】血管新生を標的としたがん治療の現況と展望

▶肺癌における血管新生阻害剤…和久田一茂ほか

このページの先頭へ