現在のカゴの中

商品合計数量:0

商品合計金額:0円

クーポン値引:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから探す
出版社から探す
キーワードから探す

電子書籍閲覧リーダーソフトは下記のアイコンをクリックすることによりインストーラをダウンロードすることができます。また、詳しいの電子書籍閲覧方法については「ヘルプページ」をご確認下さい。


腎細胞癌

電子書籍販売価格(税込):
1,100

商品コード:
10997_13
著者:
冨田 善彦
出版社:
癌と化学療法社 出版社HP
発行:
2014年
ページ数:
6ペ-ジ
ファイル容量:
1.23MB


閲覧対応端末:
電子書籍閲覧対応端末


閲覧可能台数:
3台(購入日より1年間ダウンロードが可能)


※電子書籍閲覧方法についての 詳細はこちら

内容紹介

Renal Cell Carcinoma

Summary
 Clear cell renal cell carcinoma(ccRCC)with a von Hippel-Lindau(VHL)gene alteration is the most frequent histological phenotype of renal cell cancer(RCC). This gene alteration suppresses ubiquitination and increases hypoxia-inducible factor(HIF)-alpha accumulation, resulting in the upregulation of HIF-alpha target genes, which in turn leads to hypervascular tumor formation. Sorafenib, sunitinib, axitinib, and pazopanib are kinase inhibitors that block vascular endothelial growth factor receptor(VEGFR). Other families of targeted drugs for RCC are antibodies against VEGF, such as bevacizumab, and mammalian target of rapamycin inhibitors, such as temsirolimus and everolimus, which exert anti-angiogenic effects by downregulating HIF-alpha expression. Thus, the newly developed targeted drugs for RCC are classified as anti-angiogenic drugs. However, the frequency of a sustained complete response(CR)in response to these drugs is quite low, indicating that the exploration of other modalities of treatment, besides anti-angiogenic drugs, is warranted.

要旨
 腎細胞癌(RCC)で組織型として最も多いタイプの淡明細胞型腎細胞癌(clear cell renal cell carcinoma: ccRCC)は血管が豊富であり,von Hippel-Lindau病の原因遺伝子であるVHL遺伝子が高頻度に異常を来している。これはHIF-αの蓄積と,血管新生に関係する標的遺伝子の活性化につながり,血管豊富な腫瘍が形成されるためである。現在,サイトカインが標準治療であった時代以降に分子標的薬として有用性が示された薬剤のうち,sorafenib,sunitinib,axitinib,pazopanibはいずれも血管内皮増殖因子受容体(VEGFR)の阻害作用をもっている。bevacizumabはVEGFに対する抗体であり,mTOR阻害薬であるeverolimusやtemsirolimusもmTORの阻害をとおして血管新生阻害作用があると考えられている。このように,現時点でのccRCC薬物治療の主役は血管新生阻害薬であるといえる。しかし,これらの治療では完全奏効が得られるとしても,その頻度は極めて低く,奏効期間も十分長いとはいえず,血管新生阻害以外の機序をもち,かつ有効性を示す薬剤の開発が期待されている。

目次

癌と化学療法 TOPへ
癌と化学療法 41巻2号 2014年2月号トップへ

【特集】血管新生を標的としたがん治療の現況と展望

▶腎細胞癌…冨田 善彦

このページの先頭へ